45歳GKファン・デル・サールが古巣で現役復帰…PKストップで観客も喝采

1試合限りで現役復帰したGKファン・デル・サール [写真]=VI Images via Getty Images

 かつてマンチェスター・Uなどで活躍した元オランダ代表GKのエドウィン・ファン・デル・サール。2011年に現役を退いた45歳の元守護神がピッチに帰ってきた。

 ファン・デル・サールは、ユース時代を過ごした古巣VVノールトワイク(オランダ4部相当)の一員として現役復帰。12日に行われたCVVヨダン・ボーイス戦に先発出場した。

 オランダ紙『telegraaf』によれば、最近になって同チームのGKが負傷離脱したそうで、その代役を務めたようだ。なお、ファン・デル・サールはアヤックスでディレクター職を務めているため、1試合限りの現役復帰だったという。

 そんな復帰戦で、ファン・デル・サールはなんとPKをストップ! さすがの貫録を見せつけて、観客も喝采! 結局、試合は1-1の引き分けで終了した。試合後には、自身のツイッターで「ピッチでも雰囲気を楽しめたよ。応援してくれてありがとう!!」とコメントしている。

(記事提供:Qoly)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事