ミラン指揮官、本田への信頼語る「代わる選手はいない」…体調に不安も

ミランを率いるミハイロヴィッチ監督(左)と本田(右) [写真]=Getty Images

 ミランに所属する日本代表FW本田圭佑は、13日に行われるセリエA第29節でキエーヴォ戦でスタメン出場が予想されている。同クラブを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が本田についてコメントを残した。12日、イタリアメディア『Milannews.it』が伝えている。

 今冬の移籍市場で移籍の可能性も取り沙汰されていた本田。しかし、シーズン途中からミハイロヴィッチ監督の信頼を得て以降は出場機会も増え、評価を上げている。前節、サッスオーロに敗れた試合では本田に対して低評価が与えられたが、監督からの評価は変わらないようだ。

 ミハイロヴィッチ監督は「中盤のアウトサイドでプレーする選手は、サッスオーロ戦で約12キロを走った。おそらく彼らはフレッシュでないし、そのため私は今週休日を与えた」とコメント。中盤の両サイドでプレーした本田とイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラのコンディションを心配した。

 それでも、「本田とボナヴェントゥーラに代わる選手がいない」と信頼を強調。「彼らはキープレーヤーだ。フレッシュな状態でないことは私も理解している」と万全な状態ではないものの、チームにとって重要な選手だとした。

 本田はキエーヴォ戦で先発出場を果たせば、13試合連続のスタメン起用となる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事