ロッテ・平沢、待望のOP戦初安打 本拠地QVCでオリックス平野撃ち

 

開幕一軍を目指すロッテの平沢大河

◆ 平野のフォークに食らいつく

 ロッテのドラフト1位ルーキー・平沢大河内野手が13日、オリックス戦(QVC)の7回にオープン戦初安打をマークした。

 平沢は「9番・遊撃」で先発出場。一ゴロ、空振り三振と前の2打席は凡退したが、7回裏の第3打席はオリックスの抑え候補・平野佳寿と対戦。2ボール2ストライクと追い込まれたが、6球目のフォークに反応。体勢は完全に崩されたが、右手一本でボールを捉えると、打球は右翼前にポトリと落ちた。

 平沢はこの試合前まで、オープン戦通算9打席無安打。12打席目での待望の一打に、本拠地ファンからは大声援が送られた。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー
サンワダイレクト、ブルーLEDセンサー搭載のシンプルなBluetoothマウス
[16:12 8/30] パソコン
箱根登山鉄道・南海電鉄など「全国登山鉄道パーミル会」ヘッドマークを掲出
[16:03 8/30] ホビー