阪神、二死からの5連打で4点先制 3戦連続安打の北條が火つけ

 

◆ 北條は前日も9回に二塁打、甲子園で3戦連続安打

 阪神打線が本拠地・甲子園で集中打を見せ、日本ハムとのオープン戦の6回に一挙4点を先制した。

 阪神は0-0で迎えた6回裏、日本ハム先発の有原に対し無死一、二塁のチャンスを作る。1番西岡は二併打に倒れたが、なおも二死三塁の場面で、途中出場の北條が均衡を破る先制適時打を放った。

 さらに3番ヘイグの左安で一、二塁とすると、4番ゴメスが適時打二塁打を放ち2-0。さらに二、三塁としたあと、5番福留も2点適時打を放ち、二死からの4連打で4点を奪った。6番横田も二塁への内野安打を放ち、二死から一挙5連打。阪神は6日の巨人戦でも甲子園で6連打5得点を記録しており、2週連続の猛攻劇となった。

 先発の藤川は実戦最長の5回を投げ、無安打無失点のパーフェクト投球。2回に一死から5番近藤に四球を与えたものの、許した走者はこれだけ。続くレアードを併殺打に打ち取り5回を55球。打者15人で乗り切る快投劇だった。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジェットスター・ジャパン、初の通期黒字化--中国本土など国際線拡大へ
[17:26 8/24] 趣味
スマイルワークスのクラウド給与計算ソフト、中堅企業向けに機能を強化
[17:25 8/24] 企業IT
朝食市場、活性化の鍵はカギはどの世代?
[17:24 8/24] マネー
高畑裕太容疑者出演ドラマ『侠飯』一部撮り直しに - 26日放送分から編集
[17:08 8/24] エンタメ
MSI、OC版Radeon RX 480搭載グラフィックスカード - 税別34,980円
[17:07 8/24] パソコン