D・コスタに噛み付き疑惑…エヴァートン戦でチェルシー加入後初の退場

 

エヴァートン戦で退場となったD・コスタ [写真]=Getty Images

 FAカップ準々決勝が12日に行われ、チェルシーはエヴァートンと対戦し、0-2で敗れた。同試合で退場処分を受けたスペイン代表FWジエゴ・コスタに噛み付き疑惑が浮上している。12日付のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じた。

 84分、エヴァートンの元イングランド代表MFギャレス・バリーからタックルを受けたD・コスタは、同選手に詰め寄り小競り合いが起きた。その結果、両選手にイエローカードが提示され、すでに警告を1枚もらっていたD・コスタは退場となった。

 同紙は、小競り合いの写真を掲載し、一連のやり取りの中でD・コスタがバリーの首を噛んだ可能性を伝えた。写真ではD・コスタがバリーの顔に寄った後、左の首筋に顔をうずめるシーンが映し出されていた。

 チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督は、クラブ公式HPを通じて声明を発表。「そのシーンを見ていない。もし見ていれば公平に判断をするが、今の状況では何も言えない」とD・コスタが退場となったシーンへの言及を避けた。

 なお、D・コスタは2014年7月のチェルシー移籍後初めての退場処分となった。昨シーズンの公式戦でイエローカード10枚、今シーズンもすでに9枚を提示されている同選手だが、一発退場はいまだに無い。反対にD・コスタは、アーセナルのブラジル人DFガブリエウや、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーなど対峙した選手を退場に追い込んでいた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア