16年ぶりに誕生した女性騎手! 中山競馬場と縁が深い鎌ケ谷スタジアムで登板決定!!

 


      週刊野球太郎
    


 楽天のオコエ瑠偉や巨人の重信慎之介など、今年もルーキーたちがフレッシュな風を吹き込んでいる野球界。

 一方、競馬界でもルーキーがデビューし、社会現象とも言える旋風を巻き起こしている。それが、JRAでは16年ぶりとなる女性騎手、藤田菜七子だ。

◎話題の女性騎手が始球式!

 JRAの現場の人事異動は、2月末から3月にかけて行われるため、プロ野球のシーズン開幕よりも1 カ月近く先に、早くも先輩たちに混じってレースに騎乗している。

 そんな藤田菜七子が、3月17日に鎌ケ谷スタジアムで行われる日本ハム対ソフトバンクのオープン戦で始球式を務めることが明らかとなった。

 かつて、岩手競馬所属騎手の鈴木麻優(当時の新人)が、宮城県出身ということもあって、2014年7月9日の楽天対日本ハム(Koboスタ)で、始球式を務めたことがあるが、女性騎手の始球式登板は、それ以来だろう。


◎鎌ケ谷スタジアムと中山競馬場の意外な関係

 実は、日本ハムの2軍の本拠地・鎌ケ谷スタジアムがある鎌ケ谷市と、JRA競馬学校がある白井市は、同じ千葉県内で、隣接しており、両施設は直線距離で6キロほど。そんな地理的な縁に加えて、同じように夢を追いながら切磋琢磨している若者同士ということもあって、在学中の交流も恒例行事のひとつとなっているほど「仲良し」なのだ。


◎始球式での投球はいかに?

 騎手としては、JRAでのデビューに先駆けて参戦した3月3日の川崎競馬で、6鞍に騎乗し、8、4、2、5、13、3着。JRAデビューとなった、3月5日は2着、6日は9、11着と、勝ち星は挙げられなかったものの、直線でパワフルに騎乗馬を追う姿に、騎手としての資質は十分に感じられた藤田菜七子。

 果たして、鎌スタでは、どんな一球を投じてくれるのか。ちなみに、前述の鈴木麻優は、ダイナミックなワインドアップモーションを見せるも、左打席に立っていた日本ハム・西川遥輝の背中側を通過するワンバン投球となってしまった。

 それだけに、先輩騎手と練習して当日に備えるという藤田菜七子には、ぜひともレースで見せるハツラツさと同様のストライク投球を期待したい。プレイボールは、3月17日の13時予定だ!

文=藤山剣(ふじやま・けん)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー