柏、メンデス監督が3試合で退任…下平隆宏ヘッドコーチが後任に

 

今季から柏を率いていたメンデス監督(右)。3試合で退任となった [写真]=兼子愼一郎

 柏レイソルは12日、ミルトン・メンデス監督の退任と、下平隆宏ヘッドコーチの新指揮官就任を発表した。

 現在50歳のメンデス氏は現役時代、ブラジルのバスコ・ダ・ガマでプロデビュー。1987年からポルトガルに渡り、2000年に現役引退するまで同国でプレーした。引退後はポルトガル、カタール、ブラジルなどで指揮を経験。2015年5月から9月まではブラジルのアトレティコ・パラナエンセで指揮官を務めていた。今季から柏を率いていたが、12日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第3節のジュビロ磐田戦(2-2の引き分け)後、公式戦3試合のみで突如退任。成績は1分2敗だった。

 後任には、今季からヘッドコーチを務めていた44歳の下平氏が昇格した。同氏は、2005年から2008年まで柏でスカウトを努め、2009年から同U-18チームのコーチに就任。2010年〜2015年まで同U-18チームの監督を務めていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア