昭和初期の上海が舞台、戦争と少年少女の運命描く新連載がゲッサンに

 

ゲッサン4月号

新鋭・きゅっきゅぽんによる新連載「星間ブリッジ」が、本日3月12日発売のゲッサン4月号(小学館)にて始動した。

「星間ブリッジ」の物語は、昭和11年、父の転勤によりとある少女と父母が上海へ訪れるところから始まる。見慣れない人々や風景に胸が騒ぐ少女だが、そんなとき新しい家で1人の少年と出会う。戦争によって引き離される、小さな2人の運命を描いた物語だ。

また今号にはとよ田みのるによる、読み切りシリーズの第2弾が登場。「ポテ子さんの豊かで(カロリーが)控え目な食事」というタイトルにて、3本立てのグルメマンガが展開されている。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア

本音ランキング