ヤクルト原樹理、ソフトB相手に5回零封 OP戦3試合、11イニング連続「0」

 

好投を続けるヤクルトのドラフト1位右腕・原樹理

◆ ボールを動かしソフトB打線を翻弄

 ヤクルトのドラフト1位右腕・原樹理投手が21日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)に先発登板し、5回無失点と好投した。

 原は初回、1番本多を鋭く沈むツーシームで空振り三振に仕留めると、続く福田は左飛。10日の巨人戦でともに猛打賞を記録した好調1・2番を簡単に退けると、3番柳田はカットボールで詰まらせ、二ゴロに抑えた。

 2回は野手の失策もあり一死一、二塁のピンチを背負ったが、7番中村を二併打に退けピンチ脱出。4回は福田に四球、柳田には左安を浴び無死一、二塁とされたが、4番内川の投直を素早い反応で好捕。そのまま落ち着いて二塁へ転送し、ここでも併殺を完成させた。

 続く長谷川も遊飛に打ち取りピンチ脱出。5回も一死一塁から8番今宮を遊併に仕留め、5回を3安打無失点、1三振1四球の内容で降板した。

 原は武器であるシュートとカットを両コーナーに集め、ソフトバンク打線を44球で料理。この日は9番打者として打線にも入り、1打席目は送りバント失敗。2打席目は遊失の打撃結果だった。

 登板前は「えげつない打線。怖いです」と話していた右腕だが、マウンドで強気の内角攻めが光り堂々の5回零封。オープン戦3試合11イニング無失点とし、開幕先発ローテーション入りをグッと近づけた。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル