AKB48グループ、全劇場で震災復興支援特別公演 - 1曲目は「掌が語ること」

AKB48グループが11日、国内全5カ所の劇場で『東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2016~』を開催した。

AKB48劇場での特別公演

この公演は、東京・AKB48劇場、名古屋・SKE48劇場、大阪・NMB48劇場、福岡・HKT48劇場に、今年から新潟・NGT48劇場が加わり、国内全5劇場で実施。震災発生時刻の14時46分は、公演開始前のリハーサル中に、各劇場で1分間の黙とうが行われた。

本番が始まると、それぞれの劇場を中継でつなぎ、各グループの代表があいさつと特別公演への意気込みを述べて、ステージがスタート。1曲目は全劇場の全参加メンバーが「掌が語ること」を歌い、その後はそれぞれの劇場で用意されたセットリストでパフォーマンスが繰り広げられた。

そして、いずれの劇場でも終盤に「誰かのために」を披露。来場者からの拍手を受け、特別公演は終了した。

同グループは、2011年3月11日の震災発生を受け、"「誰かのために」プロジェクト"を展開。定期的な被災地訪問活動などを行っており、今年2月までに計58回の被災地訪問を行ってきた。この日の特別公演でも、開演前にプロジェクトの活動の様子が上映され、来場者に被災地への支援を呼びかけた。

AKB48劇場

SKE48劇場

NMB48劇場

HKT48劇場

NGT48劇場

各劇場での黙とう(左から AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48)

(C)AKS

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事