TVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』、第22話のあらすじと場面カットを紹介

2015年10月より放送開始となったTVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』。今回は、本日よりTOKYO MXを皮切りに放送される第22話「名誉に値段はつけられない ビクトリア島緊急追撃戦 III」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

TVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』第22話のあらすじと場面カット

■#22「名誉に値段はつけられない ビクトリア島緊急追撃戦 III」
ヴィクトリア島移民居住都市への無差別攻撃という、第24機動整備大隊の暴挙を止めるべく、行動を開始するクウェンサーたち。雇い入れた『資本企業』のPMC『戦場お掃除サービス』と共に、『インディゴ・プラズマ』と6機のオブジェクトの進軍を止め、注意をそらす作戦を決行する。ベイビーマグナムの修理時間を稼ぎ、お姫様の救援を待つ彼らに、容赦なく浴びせられる激しい砲火。そんな中、ダミーオブジェクトの装甲板を手に入れ、その不自然な軽さに違和感を覚えたクウェンサーは、攻略の突破口を見つけるべく、最も頼りになる『専門家』に協力を仰ぐ――。
(脚本:高山カツヒコ、絵コンテ:橘秀樹、演出:鈴木洋平/鈴木健太郎、作画監督:浅川翔/矢向宏志/木本茂樹/前田ゆり子/森七奈)

TVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』は、TOKYO MXほかにて放送中。

(C) 2015 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/PROJECT HO

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事