波瑠が映画『アンパンマン』で劇場アニメ声優初挑戦、ワガママなヒロイン役

ルンダを演じる波瑠

7月2日公開の映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』で、NHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを演じている女優の波瑠がゲスト声優を務めることが明らかになった。

波瑠が演じるのは、おもちゃの星からやってきたゼンマイ仕掛けのお姫様で、今作のヒロインとなるルンダ。彼女は元気で好奇心旺盛な女の子だが、困ったことが起きると、すぐに体が大きくて優しいロボット・ナンダに頼ってしまう、少し気が強くてワガママなお姫様だという。波瑠が劇場版アニメ作品で声優を担当するのはこれが初。

また、ルンダが困った時にはいつも助けてくれるロボット:ナンダ役をお笑いコンビ・中川家の礼二が、そして海が汚れないように守る海の主:ヌラ役を兄の剛が担当することも発表された。

波瑠コメント

子どもの頃、劇場版『ばいきんまんの逆襲』のVHSを持っていて何度も見ていたのでアンパンマンの声優に選んでいただいた時は、とてもうれしかったです。好きなキャラクターはどんぶりまんトリオです。(アフレコも)楽しみながら頑張れたらと思います。

日本テレビ プロデューサーコメント

今、大注目の女優、波瑠さんにお願いしたいと思った理由は、ヒロインのルンダは、信念を持った気の強い女の子ですが、アンパンマンたちと出会ったことで、自分の間違えを受け入れ、変化していきます。凛とした強さを持ちながらも変化を怖がらず、本当の勇気とは何かを追求しようと挑む役がぴったりだと思ったのと、変化する心の機微を上手に演じていただけると思ったからです。 波瑠さんの声の中にある、ある種の気高さ、その柔軟な表現力で、今度はアンパンマンで元気と笑顔を与えてくれると信じています。

中川家・剛コメント

ずっとアンパンマンを子供たちと見ていたし、生活になくてはならない存在だったので(声優のお話をいただいて)本当にうれしいですね。仕事でもプライベートでもアンパンマンミュージアムには行ったことがあるんですが、その時、原画がほしいと子どもが泣きじゃくって大変でした。ウチは双子なんで2枚買わないといけなくて(笑)。僕はドキンちゃんとコキンちゃんが好きですね。子どもたちも好きなんです。劇場版『アンパンマン』は大人が見ても感動しますし、家族で見に来てほしいですね。

中川家・礼二コメント

うちはまだ子供が6歳なので自慢できますね。 僕らの芸風って子どもに尊敬される芸風じゃないんで、声優の話をいただいてこれはかなり自慢できるぞと(笑)。「アンパンマンミュージアム」にある「ジャムおじさんのパン工場」に行った時に、子どもにせがまれてけっこうパンを買いましたね。普通のパン屋さんに行ってもそんなに買わんやろってくらい(笑)。ナンダのパンができたら、惣菜パンにしてほしいです(笑)。好きなキャラクターはチーズです。いつも不思議に思っているんですけど、チーズだけ、なんで犬なんだろうと(笑)。ずっと見てたら、もしかしたらしゃべるんちゃうかな?って思ってます(笑)。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
(C)やなせたかし/アンパンマン

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事