ストレージクラフト、バックアップ製品でCPUソケット単位のライセンス提供

 

ストレージクラフトテクノロジーは3月10日、WindowsとLinuxのIT混在環境向けバックアップリカバリソリューションである「StorageCraft ShadowProtect SPX(ShadowProtect SPX)」のライセンス提供形態にCPUのソケット単位でライセンスの課金を行う「ソケット単位ライセンス」を追加したことを発表した。

従来は、バックアップ/レプリケーション対象となる仮想マシン単位のライセンスを提供していたが、今回のライセンス形態により、VMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-Vの仮想環境の物理ホストサーバにあるCPUのソケット数に基づき、ライセンスを購入することが可能になる。ライセンスの対象となったソケットに対する仮想マシンの数に制限はなく、仮想マシンは何台でも利用できる。

価格プランは2種類を用意しており、Essentials Edition(2ソケット・バンドル)は6ソケット以下の仮想環境を利用している顧客を対象とした、2ソケット・バンドルの2ライセンス・パック。6ソケット分まで追加購入が可能で価格は17万1300円(税別)。

また、Standard Edition(1ソケット)は7ソケット以上の仮想環境を利用している顧客を対象としたプラン。ソケット単位ライセンスの購入数に制限はなく、保護可能な仮想マシンの数も無制限となる。価格は18万2100円(税別)。

さらに、ライセンスのオプションとしてShadowProtect SPXの仮想ゲスト単位でのライセンス購入パッケージも利用可能。ライセンス・パッケージでは1パック、3パックに加え、新しく追加された10パックの3種類のパッケージから仮想マシン単位のライセンスを購入できる。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、ゲーム感覚でWALLET ポイントがたまる「auまちモニ」
[15:39 8/24] スマホとデジタル家電
坂上忍、高畑容疑者の24時間テレビ降板「自覚なかったじゃ済まされない」
[15:38 8/24] エンタメ
シックス・アパート、PHP 7&MySQL 5.7に対応した「Movable Type 6.3」
[15:38 8/24] 企業IT
【特別企画】富士通がプログラミング教室を開催した理由
[15:30 8/24] 企業IT
DTI SIM、月額基本料金を半年間980円引きにするキャンペーン
[15:26 8/24] スマホとデジタル家電