ドルトFWオーバメヤン、レアル移籍で個人合意か…移籍金は100億超へ

ドルトムントでプレーするオーバメヤン [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、レアル・マドリードに移籍することで個人合意に達したと、9日付のドイツ紙『エクスプレス』が報じている。

 同紙によると、レアル・マドリードはオーバメヤンの移籍加入に関して個人合意に至ったようだ。移籍金は約9000万ユーロ(約112億円)から約1億ユーロ(約124億円)となる見込みで、今後はチーム間交渉を行うと見られる。

 一方、スペイン紙『アス』によると、ドルトムント側はオーバメヤンの代理人とレアル・マドリードが接触を図ったことを快く思っていないようで、移籍金の設定額を1億ユーロから引き下げるつもりはない姿勢を示したという。

 今シーズン、ここまで好調を維持するオーバメヤンは、ブンデスリーガで24試合に出場し22ゴールを記録。バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに次いで得点ランク2位につけている。昨年7月にドルトムントとの契約を2020年まで延長したオーバメヤンは、夏の移籍市場でレアル・マドリード移籍となるのか。今後の展開から目が離せない。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事