巨人、投打に元気なくOP戦4連敗 ドラ1桜井、4回10安打6失点

◆ 打線は連続盗塁死に好機で3者三振、9安打で無得点…

 巨人は10日、ソフトバンクとオープン戦(ヤフオクドーム)を行い0-6で完封負け。これで昨夜の引き分けを挟み、オープン戦4連敗となった。

 巨人は初回、内野安打で出塁した1番立岡が二盗に失敗。続く重信も四球で出塁したが、こちらも盗塁失敗でチャンスを作れなかった。

 2回は5番クルーズの中安などで無死一、三塁としたが、6番亀井、7番村田、8番岡本が3者連続三振。ソフトバンク先発の摂津に対し、3回以降も毎回得点圏に走者を置いたが、好機であと1本が出なかった。

 一方、先発マウンドに上がったドラ1右腕の桜井は、初回に3番柳田に2ランを浴びさっそく失点。2回は二死走者なしから4点目を失うなど、4回イニングを10安打3四球6失点と散々な内容だった。

 打撃陣は拙攻の連続で、先発はピンチで粘れず…。左翼・ギャレットの連続スライディング好捕など明るい材料もあったが、これでオープン戦は引き分け挟み4連敗。対するソフトバンクは、練習試合を含めた実戦12試合、9勝3分と無敗記録を守った。 


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事