NETAC、コンパクトなアルミ製筐体を採用したポータブルSSD

 

「Z2」シリーズ

磁気研究所はこのほど、NETAC製ポータブルSSD「Z2」シリーズの取り扱い開始を発表した。128GB / 256GB / 512GBの3モデルをそろえ、3月中旬に発売する。店頭予想価格は128GBモデルが税込9,280円、256GBモデルが税込13,800円、512GBモデルが税込25,800円。

W67.4×D67.4×H9.8mm/49.6gのコンパクトなアルミ製筐体を採用した外付けSSD。NANDフラッシュはMLCで、外部インタフェースはUSB 3.0とUASP(USB Attached SCSI Protocol)をサポートし、転送速度はリードが最大420MB/秒、ライトが最大370MB/秒。

対応OSはWindows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS 10.5以降。保障期間は3年。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー