AMD、4.1GHz駆動の新APU「A10-7890K」を18日に発売 - 税別18,480円前後

 

AMDは10日、デスクトップ向けAPUの新モデル「A10-7890K」を3月18日に発売すると発表した。店頭予想価格は税別18,480円前後の見込み。

A10-7890K

「A10-7890K」は、2日にAMDが正式発表したデスクトップ向けAPUの最上位モデル。既存の"Godavari"世代のAPUと同様に、CPUにはSteamrollerコア、グラフィックスにはGCN(Graphics Core Next)ベースのRadeon R7 Graphicsを統合する。プラットフォームはFM2+。

既存の最上位モデル「A10-7870K」から動作クロックを引き上げ、ベースが4.1GHz、TurboCORE時が4.3GHzとベース・TurboCOREともに4GHz以上で駆動する。GPUクロックやL2キャッシュ、TDPなどは「A10-7870K」と同様となる。

製品名 A10-7890K A10-7870K A10-7860K A8-7670K A8-7650K
CPUコア数 4基
CPUアーキテクチャ Steamroller
CPUクロック
Base/Boost
4.1/4.3GHz 3.9/4.1GHz 3.6/4.0GHz 3.6/3.9GHz 3.3/3.8GHz
L2キャッシュ 4MB
GPU Radeon R7 graphics
GPUコア数 8基 6基
GPUクロック 866MHz 757MHz 720MHz
TDP 95W 65W 95W

また、「A10-7890K」には、新開発の静音クーラー「AMD Wraith Cooler」がリテールクーラーとして付属する。「A10-7870K」でも大型ヒートシンクと、銅製のベースとヒートパイプを組み合わせたものを採用していたが、「AMD Wraith Cooler」はさらに大型のクーラーで、AMDによると、風を受けるフィンの面積を24%増やすととともに、風量も34%増加し、冷却性能が向上。一方で既存のファンから回転数を落とし、ノイズを抑えたという。

「AMD Wraith Cooler」の概要

AMDが公開した「AMD Wraith Cooler」と従来クーラーの比較動画

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事