佐村河内氏のドキュメンタリー映画公開 - 森達也監督「解釈は自由で良い」

 

2014年に"ゴーストライター騒動"で世間の耳目を集めた佐村河内守氏を追うドキュメンタリー映画『FAKE』が、6月4日に公開されることが発表された。オウム真理教の内部に迫った『A』シリーズの森達也監督がメガホンを取る。

映画『FAKE』で捉えられている佐村河内守氏

佐村河内氏は、聴覚障害を持ちながら『鬼武者』(01年)などのゲーム音楽や『交響曲第1番《HIROSHIMA》』(11年)を発表し、"現代のベートーベン"とまで称賛を受けた。しかし、週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)での音楽家・新垣隆氏の証言によって、耳が聞こえていることや主な楽曲は新垣氏によるものであることをはじめ、自身に関する虚偽の発表をしていたことを告白。謝罪を重ねた後に、メディアから姿を消した。

本作は、そんな佐村河内氏の自宅でカメラをまわし、その素顔に迫る。取材の申し込みに来る関係者たち、真偽を確かめにくる外国人ジャーナリストら、そういったメディアを森監督は社会の合わせ鏡と捉える。その上で、一連の"ゴーストライター騒動"を社会全体が安易な二極化を求めているしるしと分析。これらの観点から、騒動を通じて、何が本当で誰が誰をだましているのか、その構造をあぶり出す。

下山事件や東京電力など挑戦しようとしたテーマはあったものの、断念してきた森監督。「数年前くらいからは、もう二度と映画を撮ることはないかもしれない」との思いまでに至っていたという。そんな中での本作は「やっと形にすることができた」実に15年ぶりの新作だ。

「映画で大切なことは普遍性」と森監督は語る。本作については、「単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない」と断言。「誰が彼を造形したのか。誰がうそをついているのか。自分はうそをついたことはないのか」と矢継ぎ早に口にし、「真実とは何か。虚偽とは何か。この二つは明確に二分できるのか」と疑問を投げかける。そして、作中には「もちろん僕の視点と解釈は存在するけれど、最終的には見たあなたのもの。自由で良い」と前置きしながら、「一つだけ思ってほしい。さまざまな解釈と視点があるからこそ、この世界は自由で豊かで素晴らしいのだと」と呼びかけている。

場面写真

(C)2016「Fake」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

宇宙人のメッセージ? - 太陽系から94光年離れた恒星系より"強い信号"を受信
[09:24 8/31] テクノロジー
【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー

本音ランキング