興収2.5億円突破の『KING OF PRISM』、「キンプリはいいぞ」で上映3カ月目突入

 

2016年1月9日より上映を開始したアニメ映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(通称:キンプリ)が公開3カ月目に突入したことを記念し、3月9日に「公開3カ月突入! サンキュー上映会」が新宿バルト9にて開催された。当日は、主人公の一条シン役・寺島惇太、菱田正和監督、キャラクター原案&デザインを担当した松浦麻衣、タツノコプロの依田健プロデューサー、エイベックス・ピクチャーズの西浩子プロデューサーが登壇した。

左から松浦麻衣、菱田正和、寺島惇太、依田健、西浩子

応援上映後の舞台挨拶ということもあり観客席はサイリウムの光で輝いており、寺島の登場時にはシンのカラーである赤の、菱田の登場時には作中に登場する敵対勢力・プリズムスタァ養成所「シュワルツローズ」の総帥・法月仁に合わせて青のサイリウムで迎え入れられた。登壇後、真っ先に菱田が「グロリアスシュワルツ!」と片手を天高く掲げながら叫ぶと、観客たちも青いサイリウムを力いっぱい振りながら「グロリアスシュワルツ!」と返す。このやり取りは、菱田が舞台挨拶時に行う恒例のコールアンドレスポンスとなっている。これも作中での法月仁のものを真似ている。「シュワルツローズ総会」という名目で舞台挨拶を行った際、菱田が法月仁に扮して出演した際に定着したものだ。本人調べによると菱田が舞台挨拶に登壇するのはこれで17回目、もはや観客との息はぴったりだ

しかし、ここまでの道のりはけして平坦なものではなかったことを振り返る登壇者たち。いまやのべ上映館数は54館(3月9日調べ)と増え続けているが、公開初日は14館、3周目には9館と縮小傾向だった本作。「公開直後、友人と観に行ったんですが、まったく席が埋まっておらず、人がいないシアターを見てこれはまずいぞ……と思っていました。いまのこの埋まっている状況がありがたいと思えるので、あのとき(観客が少ない光景を)見ていてよかったのかな」という松浦。依田も「公開2週目は完全にお通夜。終わった……と正直思っていました。しかし、まさかの3カ月目に突入とは、毎週特典が違うとかならわかりませんけど、こんなこと常識的にありえないと思っています」と感慨深い様子を見せていた。

ここで重大なお知らせとして、菱田が一通の手紙を読み上げた。「『キンプリ』を応援するエリート(ファンのことをプリズムエリートと呼ぶ)のおかげで、興行収入が1億を突破しました! ……というお知らせをする予定だったのですが、なんと3月9日で、2億5千万円を突破しておりました!」。歓声は鳴り止まない。「上映から2週目の時点では、最終的に3,000万円くらいいけばいいと思っていたのに」と驚きを隠せない様子の菱田だったが、顔からは笑みがあふれていた。

Over The Rainbow・神浜コウジ

Over The Rainbow・速水ヒロ

Over The Rainbow・仁科カヅキ

一条シン

太刀花ユキノジョウ

香賀美タイガ

十王院カケル

鷹梁ミナト

西園寺レオ(上)

涼野ユウ

如月ルヰ

大和アレクサンダー

氷室聖

黒川冷

法月仁

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』は、2016年1月9日に公開がスタートした劇場アニメ作品。2013年から2014年にかけて放送していたTVアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』に登場する男子プリズムスタァ、神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキの3人組ユニット「Over The Rainbow(オーバー・ザ・レインボー)」を主人公としたスピンオフ作品で、プリズムスタァを目指す個性豊かな後輩キャラクターたちが、女の子をもっともときめかせるプリズムキングを目指してさまざまな試練や困難に立ち向かっていくストーリーとなっている。劇中では、プリズムショーと呼ばれるアイススケートをモチーフとしたパフォーマンスも披露されている。

強烈な個性を持つキャラクターたちによるハイクオリティな3DCGのプリズムショーや、コスプレや声援、アフレコOKな、みんなで一緒に盛り上がるイベント「プリズムスタァ応援上映」が話題に。その後、SNSを中心に、徐々に口コミで広まり、上映していない劇場へ問い合わせが相次いだという。

2月20日開催のオールナイト上映「今夜も寝かせない!グンナイ トキメキオールナイト上映~アンコール~」のチケット発売の際には、新宿バルト9最大のスクリーン2カ所がわずか数分で完売し、サーバーがダウンするほど予約が殺到するなど大きな盛り上がりを見せ、2月末から3月頭にかけて札幌・名古屋・大阪・福岡で開催された「今夜は寝かせちゃう! グンナイ 全国4都市トキメキ一挙上映ツアー」も大きな盛り上がりを見せたとのこと。

応援上映の様子

「応援の力や、人が集まったときの力をあらためてこの映画で教わりました」と寺島。西も「企画が通らないとき、前売り券が売れないとき、劇場にお客さんが入らないとき、いつも絶望していました。でも、過去のイベントで一緒に記念撮影をしたお客さんの顔や、Twitterでいつもつぶやいてくれている人のアイコンを思い出しながら頑張ってきました」と目をうるませていた。

『キンプリ』応援上映の成功の影には、劇場の協力も忘れてはならないとのこと。「応援上映」の紹介ポスターをシアターに張り出し、上映前に劇場スタッフが説明を行い観客の高揚感をあおるなど、制作サイドがコントロールできない部分まで波及していった。一時期の縮小傾向だった週と比較すると、応援上映の動員数は100倍に達するほどの盛り上がりを見せており、1劇場あたりの土日2日間の平均興行収入が100万円を超えることもあるという。

席ごとに色の違ううちわが配られた観客と記念撮影

菱田は「Twitterで『キンプリはいいぞ』と呼びかけてくれたり、友だちを映画に誘ってくれた人のおかげで今につながったかなと思います。あのとき、あなたが上映に行かなければ……、あなたが友人に声をかけて観に行かなければ……もしかしたらもう上映は終わっていたかもしれない、という状況でしたから」。会場に緊張が走るなか、続ける。「以前『キンプリ』のニコ生に出演した際、『夢を夢で終わらせない。奇跡は起きるものではありません。起こすものです』と言いましたけど、本当は起こるわけがないと思っていました(笑)。本当に奇跡は起こすものなのだとみなさまに教えていただきました。この奇跡を次の奇跡につなげていきたいなと思っています!」と感謝の言葉をつづった。そして、客席からの「ありがとー!」という声援に対し、「こちらこそありがとー!」と、全身を使って応えていた。

最後に菱田は、「(『キンプリ』作中で)法月仁が『栄光を掴みとれ!』と言っていましたけど、こんな気分なんでしょうね」と満足気に語り、「最後に万歳三唱ならぬ、グロリアスシュワルツ三唱」を提案。スタッフとキャスト、そして観客が一体となった「グロリアスシュワルツ!」のかけ声でイベントは締めくくられた。

シアター内に響き渡る「グロリアスシュワルツ!」

シアター前ポスターはすべて『キンプリ』に

応援上映ではコスプレ参加もOK

実際に観客に配られたうちわ

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』メインビジュアル

(C) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中古バイクを格安レストア 第7回 タイヤを新品に交換する
[09:00 9/25] ホビー
500円で特製ローストビーフ食べ放題!? 肉バル「カンビーフ」へ急げ!
[09:00 9/25] 趣味
どうしてiPhone 7では強制再起動の手順が変更されたの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[09:00 9/25] スマホとデジタル家電
三井不動産、台湾中部にアウトレットの開発を決定 - オープン予定は2018年
[09:00 9/25] 趣味
餃子女子必見! 定番から最新餃子まで食べ比べできる「餃子フェス」開催
[09:00 9/25] 趣味

本音ランキング