佐々木監督への感謝を語る熊谷紗希「結果を出して恩返ししないと」

 

熊谷が佐々木監督への感謝を語った [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の最終節が9日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)女子代表を1-0で下した。なでしこジャパンは2勝1分け2敗の3位で最終予選を終えた。

 試合後のインタビューで、佐々木則夫監督は「(オリンピックへの)切符を獲れなかったのは僕のせいですから、しっかりと責任をとって、そして新たななでしこジャパンを、また後押ししてください。よろしくお願いします」と、退任を事実上表明した。

 試合後のミックスゾーンでは、DF熊谷紗希が記者団の取材に応じ、佐々木監督への感謝を語った。

 熊谷は「ユースの時から代表に呼んでもらって、無名の選手だった自分を選んでくれた。感謝しています。こういう時が来るのは残念だけど、それは自分でコントロールできるようなことではないですし、来る時が来たというか、絶対にいつかは来るものなので」と話し、「結果を出して恩返ししていかないといけない」と、今後の活躍を誓った。

 そして、「新監督になる方がどういうサッカーをするかわからないけど」と前置きしつつ、「世界大会の決勝に3回出場した経験を次に活かさないといけない」と、前向きに語っていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次期Android Nの名称はヌガーに、「ねるねるねるね」落選
[20:40 7/1] パソコン
ASUS、独自の3連ファンを採用したGeForce GTX 1080搭載カード
[20:32 7/1] パソコン
【レポート】バーガーラブが止まらない! マックが打ち出す"日米の味"
[20:01 7/1] 経営・ビジネス
[島崎遥香]女優業が好調 目標は「岩井俊二作品に出ること」
[19:56 7/1] エンタメ
ドスパラ、FF14推奨PCにGeForce GTX 1080搭載のハイエンドモデル
[19:55 7/1] パソコン