U19代表、練習試合で大学選抜に逆転負け…磐田FW小川の先制弾実らず

 

U19代表は小川の得点で先制も、逆転負けを喫した [写真]=佐藤博之

 東京都内で強化合宿を行っているU-19日本代表は9日、全日本大学選抜との練習試合に臨んだ。

 今回の練習試合は、30分×3本の形式で実施され、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督や、U-23日本代表の手倉森誠監督も視察した。U-19日本代表は、FW小川航基(ジュビロ磐田)やDF初瀬亮(ガンバ大阪)らが先発出場。一方の全日本大学選抜は、GK前川黛也(関西大学)やMF松木駿之介(慶應義塾大学)らがスタメンに名を連ねた。

 立ち上がりは、全日本大学選抜が主導権を握る。U-19日本代表の激しいプレスをかわしながら、細かいパス回しで相手ゴールに迫るも、6分に山口一真(阪南大学)が放ったシュートは威力が足りずGKの正面へ。

 すると、U-19日本代表が一瞬の隙を突く。11分、中央で神谷優太(湘南ベルマーレ)からの縦パスを受けた小川が、冷静にゴール左隅に流しこむ。これが決まり、U-19日本代表が先制に成功した。追いかける立場となった全日本大学選抜は15分、山口が遠目からミドルシュートを放つもゴール右へ。18分には左サイドからの低いクロスに松本孝平(国士舘大学)が合わせ、ボールは相手GKを越えてゴール方向へ向かうも、ラインの手前で初瀬が何とかクリア。U-19日本代表が1-0でリードして1本目を終えた。

 2本目の開始から、U-19日本代表は伊藤涼太郎(浦和レッズ)、森島司(サンフレッチェ広島)、垣田裕暉(鹿島アントラーズ)、森晃太(ヴァンフォーレ甲府)を投入。すると7分、左サイドを抜けだした垣田がフェイントを交えて右足でシュートをを放つも、大学選抜のGK前川がファインセーブ。12分には、右サイドで森が相手DF2人を振りきり、鋭いクロスを送ると、ニアサイドで垣田が合わせたが、わずかにゴール右へ外れる。2本目の半ばに差し掛かると、U-19日本代表は6人、全日本大学選抜は11人全員を選手交代。そして、全日本大学選抜の反撃は21分、エリア外中央で得たFKをDF小池裕太(流通経済大学)が左足で放つと、ボールはゴール右隅に吸い込まれる。1-1の同点で3本目へ突入した。

 U-19日本代表は、3本目の開始から邦本宜裕(アビスパ福岡)や堂安律(G大阪)ら攻撃的な選手を投入した。しかし、最初のチャンスは全日本大学選抜。右CKを得ると、ゴール中央での混戦から最後はジャーメイン良(流経大)が押しこみ、逆転に成功する。反撃を試みるU-19日本代表は、岩崎悠人(京都橘高校)が持ち前のスピードを活かして左サイドの裏に走りこむも、なかなか良い形でボールを受けることができない。結局、このまま試合は終了し、全日本大学選抜が2-1で勝利した。

【スコア】
U-19日本代表 1-2 全日本大学選抜

【得点者】
1-0 小川航基(U-19日本代表)
1-1 小池裕太(全日本大学選抜)
1-2 ジャーメイン良(全日本大学選抜)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MRJ、北米フェリーフライト中止/飛行再開未定--空調システムの監視機能に故障
[17:36 8/28] 趣味
「仮面ライダーエグゼイド」フィギュアに高可動&低価格の新ブランドが登場
[17:30 8/28] ホビー
iPhone基本の「き」 第212回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - 会社に着いたらアレを忘れないためのリマインダー
[17:27 8/28] スマホとデジタル家電
[大竹しのぶ]撮影中に本気で殴った相手とは? 「後妻業の女」で主演
[16:48 8/28] エンタメ
EOS 5D Mark IVのタッチ&トライと人気写真家の講演がたまらない - FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー
[16:44 8/28] スマホとデジタル家電