ST、コネクテッド・カー向けセキュア・マイコンの新製品を発表

 

STマイクロエレクトロニクス(ST)は3月9日、コネクテッド・カー向けセキュア・マイコン「ST32G512A」および「ST33G1M2A」を発表した。

今回発表された2製品は、ISO 7816インタフェースを含むSIMカードの主要規格に適合している。ST32G512Aは、32bitのARM Cortex-M3プロセッサをベースとし、アプリケーション性能の最適化に有効なデータ暗号化基準(DES)ハードウェア・エンジンを搭載しているほか、Flashメモリ(512KB)も内蔵している。

一方のST33G1M2Aは、32bitのARM SecurCore SC300プロセッサをベースとし、Common Criteria EAL5+セキュリティ認証に適合しており、物理的かつ論理的な攻撃に対する耐タンパ性を向上させている。また、ハードウェア・セキュリティ強化DESおよびAESエンジン、公開鍵暗号用のNESCRYPTコプロセッサなども搭載してるほか、Flashメモリ(1280KB)を内蔵しているため、複数のセルラー・ネットワークへの接続を管理するために必要となる追加ストレージを利用することができる。

量産出荷については、ST32G512Aはすでに開始しており、ST33G1M2Aは2016年第2四半期を予定している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス