リリース半年で4人に1人が利用するWindows 10、一方でXPも依然として……

 

ジャストシステムは3月9日、同社のネット調査レポート「Marketing Research Camp」で行っている月次調査の2015年度結果を公開した。これによると、2015年はWindows 10のOSシェアが急激な増加を見せたほか、SNSではInstagramの利用率が急上昇したという。調査は、同社のネットリサーチサービス「Fastask」で行われ、15歳~69歳の男女1100名を対象としている。

2015年度の1月は、プライベートでネットを閲覧する際に最も利用しているデバイスが「ノートPC」で65.5%、次点が「スマートフォン」で54.5%だった。一方で12月は、順位こそ変わらないものの、ノートPCが58%、スマートフォンが57.5%と、ほぼ同じ割合になっていた。

PCの利用状況では、2015年7月にリリースされたばかりの「Windows 10」が12月の調査で23.4%と、4人に1人まで利用が拡大していた。最も利用者が多いOSは「Windows 7」で52.0%、2014年4月でサポートが終了しているWindows XPを利用しているユーザーも依然として存在し、5.8%が利用していた。一方で利用しているブラウザは、1月に1位だった「Internet Explorer 11(38.7%)」が、12月調査では34.1%まで減少し、僅差ながら安定した利用率を維持していた「Google Chrome」の34.5%に抜かれて2位となった。

タブレット端末は、IDC調査などでも指摘されるように、伸び悩みが見られた。1月調査で24.5%だった所有率は12月も24.1%でほぼ横ばいであり、「購入するつもりはない」との回答は1月の33.0%から12月には36.2%と、微増の変化が見られた。

メディアの利用時間については、「テレビ」「ラジオ」「新聞」「雑誌」「パソコン」「スマートフォン」を対象に調査が行われた。これによると、10代のパソコン利用が1月の102.4分から12月の79.6分と、大幅な減少が見られた一方で、スマートフォンは1月の115.0分から12月の138.3分と大幅な増加が見られた。なお、全年代を対象にした12月の利用率は、テレビが1位で138.6分、パソコンが2位で131.4分、スマートフォンが3位で82.2分だった。

SNSに関する調査では、12月の利用率で最も高かったのはLINEで47.3%、2位はFacebookで37.5%、3位はTwitter35.4%だった。2015年1月から12月で最も成長したSNSはInstagramで、8.5%から13.4%まで伸長した。急成長の一因は10代女性への浸透で、1月調査時でも30.0%あった利用率が12月には42.0%まで拡大した。

Instagramの認知・利用推移

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ

求人情報