スズキ新型「バレーノ」発売! 理想のコンパクトハッチバック追求、画像15枚

 

スズキは9日、ハッチバックタイプの新型小型乗用車「バレーノ」を発売した。1.0リットルターボエンジン搭載車「XT」、1.2リットル自然吸気エンジン搭載車「XG」の2機種を設定し、ターボエンジン搭載車は5月13日に発売する。

スズキ「バレーノ XG」

新型「バレーノ」は、同社の小型乗用車づくりのノウハウを駆使し、デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を調和させた、同社が考える理想のコンパクトハッチバック。パワートレインは高出力と燃費性能を両立する新開発1.0リットル直噴ターボのブースタージェットエンジンと6速ATの組み合わせと、1.2リットル自然吸気のデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせの2種類とした。

軽量で高剛性の新開発プラットフォームの採用により、全長4mクラスのコンパクトなボディーサイズとしながら、レイアウトを効率化することでゆとりある居住空間と荷室スペースを確保したパッケージングも実現。「バレーノ」に初採用された同プラットフォームは今後、国内及び海外のBセグメント車にも展開する予定だ。

「バレーノ XG」インテリア

エンジンは新開発の「K10C型ブースタージェット エンジン」(画像左)・「K12C型デュアルジェット エンジン」(同右)を採用

サスペンションは、欧州で徹底して走り込み、応答性が高く安定感のある操縦性とロングドライブでも快適でしなやかな足まわりを追求。サスペンションフレーム構造を最適化して軽量化と高剛性を両立したほか、フロントおよびリヤサスペンションにスタビライザーを採用している。ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システムなどの先進の安全技術に加え、先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速・減速して追従走行しロングドライブをサポートする「アダプティブクルーズコントロール」も標準装備された。

新型「バレーノ」はインドの子会社であるマルチ・スズキ・インディアで生産し、自社ブランドの輸入車として日本で販売する。同車はすでにインドで販売されており、グローバルコンパクトカーとして、日本に続き、欧州をはじめとする世界の市場に展開する計画だ。「バレーノ」の価格は「XG」141万4,800円、「XT」161万7,840円(ともに税込)。

「バレーノ XT」

「バレーノ XT(セット オプション装着車)」

「バレーノ XT(セット オプション装着車)」

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス