家庭学習ができる小学生を育てるには - 重要なのは「年少」時の教育だった

  [2016/03/09]

ベネッセ教育総合研究所は3月8日、「幼児期から小学1年生の家庭教育調査・縦断調査 2016年」の結果を発表した。調査は子どもが年少児から小学1年生までの縦断調査となっていて、2012年1月~2015年3月の期間に4年間参加した母親544名から回答を得た。

はじめに小学1年生の時点で子どもの家庭学習の様子をたずねたところ、「大人に言われなくても自分から進んで勉強をする」と回答したのは、66.3%だった(「とてもあてはまる」「まああてはまる」の合計)。この結果をもとに、年長児期の学習準備のどれが、小学1年生で「大人に言われなくても自分から進んで勉強する」に影響するかを分析した。

その結果、「夜、決まった時間に寝ることができる」などの「生活習慣」7項目、「物事をあきらめずに、挑戦することができる」などの「がんばる力」4項目、「ことば遊びができる」などの「言葉の力」6項目について、年長児期、高い得点を得ている子どもに「自分から進んで勉強する」比率が高い傾向が見られた。

年長児期の「生活習慣」7項目、「がんばる力」4項目、「言葉」6項目から得点を算出し、「高群」「中群」「低群」と3区分した

次に年長児期における、親が「子どもの意欲を尊重する態度」と子どもの「がんばる力」の関係性について調べた。結果、「子どもの意欲を尊重する態度」が高い親の子どもほど、「がんばる力」が高くなる傾向が見られた。同様に、子どもの意欲を尊重する態度が高かったり、「子どもの思考を促す関わり」「学びの環境を整える関わり」が大きかったりする親の子ほど、「言葉の力」は高い傾向が見られた。

年長児期の「学びの環境を整える関わり」4項目、「子どもの思考を促す関わり」4項目、「子どもの意欲を尊重する態度」7項目から得点を算出し、「高群」「中群」「低群」と3区分した

同研究所は4年間の調査を総括して、「年少児までに『生活習慣』を身につけることが、年中児の『学びに向かう力』へつながること、そして、そこで養われた『学びに向かう力』が、年長児の『文字・数・思考』の力を育てることがわかった」と分析。その上で、「その後、小1期には、『文字・数・思考』の力や『学びに向かう力』が学習態度を育てていく関係性が見えてきた」とコメントしている。

年少児までに生活習慣を身に着けることが、小1期に「文字・数・思考」の力や「学びに向かう力」を育てることがわかった

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

2016年5月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

[氷室京介]4大ドームツアーを完走しライブ活動“卒業” 今後は「時間をかけてアルバム作りを」
[23:00 5/25] エンタメ
【コラム】Windowsスマートチューニング 第393回 Win 10編: レジストリファイルを作成して、設定を維持する
[22:59 5/25] パソコン
松下幸市朗「ひとり暮らしの小学生 江の島の夏」後日談を追加して書籍化
[22:41 5/25] ホビー
[鈴木亮平]「変態仮面」海外進出に喜び まさかのアカデミー賞ノミネート“変態公約”も
[22:29 5/25] エンタメ
引退した美少女戦士が裏方に就職して奮闘!シタラマサコ描くお仕事コメディ
[22:27 5/25] ホビー

特別企画 PR