ザコシショウ、R-1優勝は「キンタロー。のおかげと言っても過言ではない」

ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2016」で優勝したお笑い芸人のハリウッドザコシショウ(42)が9日、映像配信プラットフォーム・AmebaFRESH!で生放送された『~R-1優勝おめでとう!ハリウッドザコシショウレギュラー番組~ふれさんぽ』(13:00~14:00)に出演し、決勝戦でモノマネしたキンタロー。に感謝した。

「R-1ぐらんぷり2016」で優勝したハリウッドザコシショウ

トレードマークの黒パンツ姿で、キンタロー。やオリエンタルラジオ、木村拓哉などの誇張しすぎたモノマネで爆笑を誘い、12回目の出場にして王者に輝いたザコシショウ。番組では、「なかなか大変でしたよ」と言いながらも、「特に緊張することもなく。緊張したら負け。どういつもの自分に近づけるかが勝負」と平常心で挑めたと語った。

そして、決勝戦のつかみでキンタロー。のモノマネを披露したことについて、「優勝はキンタロー。のおかげと言っても過言ではない」と感謝し、優勝賞金500万円のうち「10万円くらいあげてもいいじゃないか」と発言。キンタロー。に初めて会った時に、誇張しすぎているから怒られるんじゃないかと心配してたが、喜んでくれていたことも明かした。

また、後輩芸人のアキラ100%が「自分のモノマネしている人がR-1で優勝するってうれしいと思いますよ」と言うと、「キムタクとかもうれしがってる?」と期待。「スマスマ呼ばれるんじゃないですか?」と言われると、「呼んでほしい」と希望した。さらに、オリエンタルラジオなど、本人に直接ネタを見せていない人たちの前でのネタ披露も「やりたい」と意欲を見せた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事