"海"の大阪と"夜桜"の東京! 夜景×プロジェクションマッピングがすごい

エボル  [2016/03/09]

あべのハルカス展望台「ハルカス300」(大阪府大阪市阿倍野区)で開催中のイベント「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED-HARUKAS300-」が、3月18日まで開催延長となった。

「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED-HARUKAS300-」の開催期間が延長

「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」は、2015年3月~8月にあべのハルカスで実施したことを皮切りに全国各地で行われ、30万人以上を動員。2015年~2016年にかけての冬季には、「海」と「空」のコラボレーションというコンセプトのもと、全国各地のタワーや展望台で再び実施されていた。

同プログラムでは、展望台のガラスにスクリーン用透明フィルムを貼り付けることにより、ガラス越しに見える夜景と3Dプロジェクションマッピングで投影された映像が融合。あべのハルカスでは「天空の海遊館」をテーマに、世界最大級の水族館「海遊館」とコラボレーションし、夜景にジンベエザメが泳ぐなどの演出を行っている。

「天空の海遊館」をテーマに、世界最大級の水族館「海遊館」とコラボ

開催時間は18時30分~21時40分で、随時上映。観覧料は無料で、当日券での展望台入場料(税込)は大人1,500円、中高生1,200円、小学生700円、幼児500円(4歳以上)、3歳以下は無料となる。

また、4月3日までは、東京タワー(東京都港区)でも「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」を実施している。東京タワーでは、4月3日までの期間限定で、桜の花びらが夜の都市を舞い散る「夜桜バージョン」での公演となる。開催時間は18:30~22:30で、観覧は無料。会場となる大展望台までの展望料金は、大人900円・小中学生500円・幼児(4歳以上)400円となる。

東京タワーでも、期間限定の「夜桜バージョン」で「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」を実施中

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー