サンワ、大画面に映像を出力可能な光学500倍ズームのデジタル顕微鏡

 

サンワダイレクトは8日、HDMIで映像を出力できる据え置き型のデジタル顕微鏡「400-CAM052」を発売した。直販サイト「サンワダイレクト」での価格は24,800円(税込み)。

「400-CAM052」

使用イメージ

同製品は、3.5型のTFT液晶ディスプレイを搭載するデジタル顕微鏡。20~500倍までの光学ズームが可能で、4倍のデジタルズーム機能と合わせて最大2,000倍までの拡大表示に対応する。レンズ部分には8つのLEDが配置され、暗い場所でも明るく接写できる。明るさ調整用のダイヤルも装備。本体は撮影台を備える据え置き型で、被写体を固定して安定した撮影をサポートする。

カメラセンサーは350万画素のCMOSで観察物の静止画と動画の撮影も可能。撮影フォーマットは静止画がJPEG、動画がMOV(H.264)。静止画解像度は最大5,120×2,880ドット、動画解像度は最大1,920×1,080ドットまで。保存用メディアとして、最大32GBのmicroSDHCメモリーカードが使える。

ディスプレイ部の側面にmicroSDHCメモリーカードスロットを装備

HDMIにより外部ディスプレイやTVに映像を出力できる

映像出力端子はHDMI×1。大型のディスプレイやTVに画像を出力できる。本体にはバッテリーを内蔵し、使用時間は最大で120分(LED点灯時)。充電時間は約3時間。サイズ/重量はW104×D149×H227mm/約680g。

パッケージには、キャリブレーションシート、プレパラート×2、ガラスプレート×2などが付属する。

人気記事

一覧

新着記事

アカマイ、Web画像の最適化&高速配信を自動化する「Image Manager」発表
[14:13 9/28] 企業IT
『ジョジョ』実写映画が2017年夏公開決定、原作・荒木飛呂彦氏「誠に光栄」
[14:07 9/28] ホビー
パナソニックの頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」が20周年
[14:02 9/28] パソコン
坂上忍、紀香は"梨園の妻"として「うまくいくと思う」- 三田寛子は"お手本"
[14:01 9/28] エンタメ
OPPO、最新世代DAC採用でアンプも向上したポタアン「HA-2SE」
[14:00 9/28] スマホとデジタル家電