PepperとAzureを活用した「未来の商品棚」 - ソフトバンクとMSが発表

 

ソフトバンクロボティクスとマイクロソフト コーポレーションは8日、クラウドロボティクス分野において戦略的協業を発表した。協業の第一弾として人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用した、小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を2016年秋を目処に提供する。価格や販売経路などについては未定。

ソフトバンクロボティクスと日本マイクロソフトは8日都内で、小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」に関する発表会を開催した

ソフトバンクロボティクスの代表取締役社長 冨澤文秀氏(左)、Pepper(中)、日本マイクロソフトの代表執行役社長 平野拓也氏

同ソリューションでは、Pepperが接客スキルを備えた販売員として店舗に配置される。Pepperは顔認識技術により顧客の年齢や性別を判別し、ニーズに沿った商品を提案する。商品は、マイクロソフトの大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」およびWindowsタブレット「Surface」上に表示され購入できる。Pepperは、翻訳システム「Microsoft Translator」により多言語に対応。外国人の接客なども可能だ。

Pepperが接客を行い、ニーズに沿った商品をSurface Hubなどに表示する

POS売上などのデータは、Microsoft Azureが取得し、Azure IoT Suiteによって解析。店舗側は顧客のニーズをリアルタイムで把握できるほか、効率的な在庫管理が可能になるとしている。Pepperも店舗での接客を重ねることでデータが蓄積され、Azure IoT Suiteの機械学習機能を通してより適切かつ効果的な接客ができるようになるという。今後は、マイクロソフトのパーソナルアシスタント「Cortana」などと組み合わせることも予定している。

2016年秋の提供に先立ち、24日から30日までの期間限定で東京都港区にオープンする携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」で同ソリューションの実証実験が行われる。

「未来の商品棚(仮称)」は2016年秋の提供予定。「Pepperだらけの携帯ショップ」で実証実験を行う

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー