SUSE、Libertyベースの「SUSE OpenStack Cloud 6」提供 - IBM zなどに対応

 

SUSEは3月3日(ドイツ時間)、IaaS(Infrastructure-as-a-Service)を構築するためのエンタープライズ向け製品の最新版となる「SUSE OpenStack Cloud 6」の提供開始を発表した。

OpenStackの「Liberty」リリースをベースに開発されたSUSE OpenStack Cloud 6は、高可用性の拡張機能、今後のOpenStackリリースでの無停止アップグレード、さらにIBM z SystemsとDockerのメインフレームサポートを実現しており、アプリケーションとデータのクラウドへの移行を容易にするという。

ハイパーバイザーは既存のXen、KVM、Hyper-V、VMwareに加え、新たにIBM z/VMをサポート。最新版は、市場で最も広範なハイパーバイザのサポートを実現し、顧客は自社のメインフレーム・プラットフォームをOpenStackプライベートクラウドに組み込むことを可能としている。

また、オープンソースの共有ファイルシステムサービス、Manilaのパフォーマンス、スケーラビリティ、管理機能をダイレクトに利用でき、OpenStack Manilaをフルサポート。さらに、SUSE Linux Enterprise Server 12 Support Pack 1をサポートし、エンタープライズ・ワークロード向けのプラットフォーム上で、自社のOpenStackクラウドを構築できるという。

なお、SUSEではOpenStackプライベートクラウドの展開・運用についての、新しいOpenStackトレーニング・認定制度を開始する。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア