NXP、17mmx14mmx1.7mmのIoT向けシングルチップシステムモジュールを発売

 

NXPセミコンダクターズ(NXP)は3月8日、17mmx14mmx1.7mmのシングルチップシステムモジュール(SCM)「i.MX 6Dual」「i.MX 6Quad」を販売開始したと発表した。

同製品は、スマートグラス、ウェアラブル、次世代医療機器、IoTゲートウェイ、産業機器、携帯機器などの製品開発に向けたSCMで、i.MX 6アプリケーションプロセッサとパワーマネジメントIC(PMIC)、フラッシュメモリのほか、乱数ジェネレータ、暗号化エンジン、改ざん防止機能などのシステムレベルのセキュリティ技術を集積している。また、DDRメモリに対応しているため、高速DDRのレイアウトの煩雑さを不要にし、製品開発時間を25%短縮することが可能だという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

QNAP、コンパクトきょう体で設置性に優れた高機能ミニタワー型NASキット
[16:51 7/27] パソコン
進化するWi-Fi - 次世代の高速通信を支える802.11ac Wave2
[16:48 7/27] テクノロジー
富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン