ホンダ「CRF1000L Africa Twin」1週間で受注1,000台超え! 好調なスタートに

 

本田技研工業(ホンダ)は8日、発売後約1週間が経過したアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」の受注状況を発表した。2月22日に発売した同モデルは、2月27日時点で年間販売計画台数1,000台を上回る1,032台をホンダ二輪車正規取扱店にて受注し、好調な立ち上がりとなっている。

「CRF1000L Africa Twin(DCT)」

「CRF1000L Africa Twin」は、市街地のオンロードから未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデル。力強く端正なスタイリングをはじめ、新開発の直列2気筒998ccエンジンによる鼓動感と高いトラクション性能、ホンダ独自の先進技術「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」をタイプ設定するなど、オンロードからオフロードまでライダーの感性により忠実に反応するようコントロール性能を向上させた。

高剛性でありながら適度なしなやかさをあわせ持つ「セミダブルクレードルフレーム」の採用により、さまざまな状況下において高次元でバランスの取れた軽快性と快適性を持つなど、次世代アドベンチャーモデルとしてふさわしい装備や先進技術も搭載している。

受注の内訳は、タイプ別構成比がマニュアルトランスミッションタイプ56.0%、DCTタイプ44.0%。車体色別構成比はヴィクトリーレッド42.8%、パールグレアホワイト43.7%、デジタルシルバーメタリック13.5%となっている。購入層としては、大型二輪免許を所有する40代~50代の男性に支持されているという。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ