トーワ電機、Tegra X1搭載組み込み向けボード"Jetson TX1"開発キットを販売

 

トーワ電機はこのほど、組み込み開発者向けの小型ボードコンピュータ「Jetson TX1」開発キットの受注開始を発表した。価格は税込93,798円。

Jetson TX1

「Jetson TX1」は、NVIDIAの最新SoC「Tegra X1」を搭載した組み込み機器向けのモジュールで、50mm×87mmの小型基板にARM Cortex-A57、Maxwellアーキテクチャをベースとした256基のCUDAコア、4GB LPDDR4メモリ、16GB eMMCを搭載。前世代の「Jetson TK1」のおよそ3倍となる1TFLOPSの演算性能を実現する一方で、モジュール単体の消費電力は10Wに抑えている。

Jetson TX1のスペック

高いパフォーマンスに加え、スーパーコンピュータやデスクトップPCにも採用されているMaxwell GPUにより、フルファンクションのNVIDIA CUDAプラットフォームを利用可能で、コンピュータビジョンやDeepLearning、画像解析、自動運転などのシステムを素早く開発し、展開することができるという。

Jetson TX1開発キット

「Tegra X1」開発キットは、モジュール単体のほか、開発ボードやACアダプタ、電源コード、USBケーブル、クイックスタートガイドなどを同梱。モジュールのみでもギガビット対応有線LANやIEEE 802.11ac無線LAN、Bluetoothといったネットワーク機能をサポートするが、開発ボードと組み合わせることで、USBやHDMI、PCIe、SDカード、GPIOs、I2C、I2S、SPIといったインタフェースに対応する。

また、NVIDIAが提供するSDKでは、各種ツールやコードのサンプルなどをそろえ、研究から試作、開発、製造といった各段階をカバーする。

人気記事

一覧

新着記事