シャープ、JR大阪駅で前面に曲がる液晶のサイネージの実証実験

シャープは3月7日、JR西日本コミュニケーションズと共同で、60V型の曲面液晶パネルを搭載したデジタルサイネージ用ディスプレイの試作機2台をJR大阪駅の中央コンコースに設置し、実証実験を開始した。

同ディスプレイには、堺ディスプレイプロダクトが開発した半円筒形状※1の曲面液晶パネルを搭載。曲率半径500mmと大きく前面にカーブさせることで、立体感のある映像表示が可能となっている。表示範囲は約150度。

同実証実験を通じ、広告媒体としての効果や曲面表示に適した映像コンテンツ、技術的課題などを検証していく。

60V型の曲面液晶パネルを搭載したデジタルサイネージ用ディスプレイの試作機を設置したJR大阪駅の中央コンコース

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事