敗退の悔しさと勝利の喜び…川澄奈穂美「1つの糧にしてやっていく」

 

チーム3点目を決めた川澄奈穂美 [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第4節が7日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)はベトナム女子代表に6-1で勝利を収めた。しかし、同試合に先んじて行われた中国女子代表対韓国女子代表の試合で、中国が勝利を収めたため、日本は4大会ぶりに五輪出場を逃した。

 試合後、FW川澄奈穂美が記者団の取材に応じて心境を語った。

 ベトナム戦のキックオフ前に予選敗退が決まったことについて川澄は「そういう状況はもちろんあったけど、1つの試合に集中して入った」と、一戦集中の姿勢を強調。自身も1ゴールを記録し、チームは6ゴールを挙げて大勝した。川澄は「“どの試合にも勝ちたい”という気持ちに変わりはないと改めて思ったし、勝ち点3を取ることができて“サッカーが楽しい、素直に嬉しい”と思った」と、コメント。予選敗退の悔しさを滲ませつつ、勝利の感想を前向きに語っていた。

 今大会は残り1試合となった。敗退という結果を振り返った川澄は「この予選が簡単だとは思っていなかったし、最悪の事態も頭に入れながら望んでいた」と言い、「もちろん悔しい思いはあるけど、まだサッカー人生は続いていく。1つの糧にして、これからもやっていきたい」と、今後を見据えていた。

 なでしこジャパンは9日に行われる最終節で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松戸市、渋谷駅前の街頭ビジョンCMを放映
[16:02 9/26] 企業IT
[日本テレビ]ドラクエショーは「この夏限り」
[15:51 9/26] エンタメ
宇多田ヒカルのラジオ特番が全国101局で放送! 新アルバムに込めた思い語る
[15:49 9/26] エンタメ
IIJ、企業向けWebメールに標的型攻撃や情報漏えいを防ぐ新機能を追加
[15:48 9/26] 企業IT
上海問屋、人差し指でダブルクリックできる左利き向けマウス
[15:44 9/26] パソコン