Thermaltake、カラフルLEDファン内蔵のミドルタワーケース「Core X31」

 

アスクは4日、台湾Thermaltake製のミドルタワー型PCケース「Core X31」シリーズを2モデル発表した。3月11日から発売し、店頭予想価格(税別)は12,980円前後、および17,480円前後。

Core X31 RGB

Core X31 RGB

「Core X31 RGB」は、キューブ型PCケース「Core X」シリーズのコンセプトを引き継いだミドルタワー型PCケース。店頭予想価格は17,480円(税別)。256色で発光するThermaltake製Riing 12 256Color LEDファンを、前面×2基、背面×1基、搭載している。

搭載可能なファン数は、上面に200mm×2基(または140mm/120mm×3基)、前面に200mm×1基(または140mm/120mm×2基)、背面に140mm/120mm×1基、底面に140mm/120mm×2基の、最大8基。電源部、前面、上面、側面に着脱可能なダストフィルタも装着されている。

構成例

水冷システムの構成例

内部レイアウトに合わせてドライブベイを取り外せる「FullyModullerDesign」を採用。最大360mmクラスのラジエターを内蔵できるなど、水冷システムにも向く。水冷システムを構築した際、万が一の水漏れから電源を守る電源カバーを標準で装備。この電源カバー上には2.5インチストレージを装着できるなど、拡張性にも貢献している。

搭載ベイ数は、外部5.25インチベイ×2基、内部3.5/2.5インチ共用ベイ×3基(HDDケージ)、内部3.5/2.5インチ共用ベイ×3基(マザーボードベース部)、内部2.5インチベイ×2基(電源カバー部)。前面パネルは通気性の高いメッシュ構造。サイドパネルはアクリルウィンドウ仕様となっている。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が8基、拡張カードスペースが最大420mmまで、搭載できるCPUクーラーの高さが最大180mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×2基、USB 2.0×2基、マイク入力×1基、ヘッドホン出力×1基。本体サイズはW250×D511×H497mm、重量は8.5kg。対応フォームファクタはATX / マイクロATX / Mini-ITX。


Core X31 with Power Cover

「Core X31 with Power Cover」は、前面と背面に120mmファンを1基ずつ備えるモデル。店頭予想価格は12,980円(税別)。そのほか、PCケースとしての仕様は「Core X31 RGB」とほぼ共通。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Yahoo! JAPANでUSJのチケット販売開始--転売対策も強化
[05:30 9/30] 趣味
阿川佐和子『ぶっちゃけ寺』レギュラー加入 - 太田光「相変わらずダメダメ」
[05:00 9/30] エンタメ
[桐谷健太]CMで“再び”熱唱 スーツ姿で拳突き上げ…
[04:00 9/30] エンタメ
[加藤綾子]CMで“すっぴん”を披露 「気持ちよすぎる」
[04:00 9/30] エンタメ
テーマは"選りすぐりの食"! 「世界のビールとワインまつり」を味わいつくせ
[04:00 9/30] 趣味