ソフトバンク、診察料を携帯料金と一緒に支払う「スマート病院会計」開始

 

ソフトバンクは3月28日、病院の診察料を携帯電話料金とまとめて支払える「スマート病院会計」をSoftBankの利用者向けに提供開始する。利用料金は1回あたり100円(税別)で、サービス開始時は約50の医療機関で利用できる。

「スマート病院会計」利用イメージ

同サービスでは、診察料を後から携帯電話料金とまとめて支払うことが可能に。受診後、会計せずにそのまま帰れるほか、外出先での急病時などでも診察料を気にせずキャッシュレスで受診できるという。

また、ソフトバンク携帯電話の契約者本人だけではなく、利用登録した家族なども利用可能。処方箋がある場合も、優先して処方箋をもらうことができるとのこと(一部除く)。さらに、通院先や診察料などの受診履歴をスマートフォンで一括管理することができる。

対象機種は、「iPhone」「iPad」「SoftBank スマートフォン」「タブレット」「4G ケータイ」「AQUOS ケータイ」。

「スマート病院会計」のサービス開始にあたり、人気音楽グループ「GReeeeN」が「スマート病院会計」の応援大使に就任した。「スマート病院会計登録キャンペーン」では、3月7日~4月27日に利用登録した人を対象に、10万円分のJCBギフトカードや「GReeeeN」のサイン入り小説などが抽選でプレゼントされる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事