ハリウッドザコシショウ、R-1王者をつかんだしたたかな戦略「作戦勝ち」

 

12回目の出場にして『R-1ぐらんぷり2016』王者を勝ち取ったハリウッドザコシショウ。「誇張しすぎた木村拓哉」などのものまねを、ハイテンションな大きなアクションと叫び声で繰り出していくというネタでピン芸人3,786人の頂点に立ったが、今回の勝利の裏には、この芸風から想像できない、したたかな戦略があった。

『R-1ぐらんぷり2016』で優勝したハリウッドザコシショウ

ハリウッドザコシショウは、1993年にデビュー。今回のR-1決勝進出者の中で最も芸歴が長く、もともと漫才コンビを組んでいたが、2002年に解散してから、ピン芸人として活動してきた。

しかし、今回の優勝後の会見で「僕、1人コントとかは本当に苦手で、マツモトクラブとかのネタを見てると『うらやましいなぁ』とか思ってたりしていたんです」と、当所はピン芸人として不安を抱えていた心境を告白。そこで、得意なネタで勝負していこうと考え、同期のケンドーコバヤシと「ものまね対決ライブ」という企画を立案した。これはものまね10発をそれぞれ用意し、交互に披露していくというもので、ザコシショウは、ここから手応えをつかみ、3年ほど前から本格的にものまね芸に取り組み始めたという。

すると、それまでは舞台でも「30秒くらいで笑いがしぼむ」という出落ち要員だったのが、「すごく笑いが取れるようになりました」と役割が大きく変化。また、ものまね芸を始めた当初は、3分の間にものまねを3ネタしか入れていなかったが、賞レースに出ているほかの芸人のネタを見て「ボケをいっぱい入れ込んでいる」と発見し、コンテストを勝ち抜くために「ものまねをすごくいっぱい入れた構成にしたんです」と順応した。

こうして、R-1決勝で披露したものまねの数は、1回目が8ネタ、2回目が6ネタ。ここに、コアなものまねばかりで観客が離れてしまうことを避けるため、時事ネタなどの分かりやすいネタを盛り込むことを考えて、今回の決勝では「誇張しすぎた野々村元議員」や「そこら辺にいるヤバいサラリーマン」というものまねを入れた。

また、本番では、"2兆個のレパートリー"と自称していたが、「2兆個は言いすぎですけど、本当にいっぱいある。たぶん1兆個くらいはあると思います(笑)」と冗談めかしながら、豊富なネタの中から、今回の決勝では「100%ウケるものを選びました」と自信のものまねを注ぎ込んだことを明かす。

さらに、R-1の予選に出場する前に、YouTubeやTwitterでものまねの動画や画像をアップ。すると、有吉弘行や、雨上がり決死隊の宮迫博之がTwitterで拡散して何千リツイートもされ、予選会場で自らの名前を周知させておくという狙いも成功した。2月29日に決勝進出者の発表会見が行われてからは、Twitter上での自らの名前を検索して、一般の人たちの反応を伺っていたという。

こうした勝つための戦略が、今回の優勝につながったようだ。ザコシショウは「自分の作戦勝ちというところもありますね」と、ネタ中のキャラクターからは考えられない冷静な分析を見せていた。

それもこれも、自らを経済面も含めて支えてくれた妻への恩返しや、よく分からないおじさんから怒られるアルバイト生活から脱するため。『R-1』が自分にとってどんな存在かを聞かれたザコシショウは「深夜番組でワンポイントの芸風だったけど、それじゃあダメだということを気づかせてくれた」と感謝し、「やればできるんだということを教えてくれました」と自信につながったようだ。

R-1ぐらんぷり決勝戦・結果

●Aブロック
・エハラマサヒロ:審査員5点+お茶の間2点=計7点
◎小島よしお:審査員8点+お茶の間3点=計11点
・シャンプーハットこいで:審査員1点+お茶の間1点=計2点
・サンシャイン池崎:審査員1点+お茶の間0点=計1点

●Bブロック
◎ハリウッドザコシショウ:審査員13点+お茶の間2点=計15点
・おいでやす小田:審査員2点+お茶の間0点=計2点
・横澤夏子:審査員0点+お茶の間3点=計3点
・ルシファー吉岡:審査員0点+お茶の間1点=計1点

●Cブロック
・厚切りジェイソン:審査員4点+お茶の間1点=計5点
◎ゆりやんレトリィバァ:審査員6点+お茶の間2点=計8点
・とにかく明るい安村:審査員4点+お茶の間0点=計4点
・マツモトクラブ:審査員1点+お茶の間3点=計4点

◎…ファイナルステージ進出者

●ファイナルステージ
・小島よしお:審査員2点(間寛平1点+板尾創路1点)+お茶の間2点(41%)=計4点
・ハリウッドザコシショウ:審査員13点(寛平2点+板尾2点+清水ミチコ3点+ヒロミ3点+関根勤3点)+お茶の間3点(43%)=計16点
・ゆりやんレトリィバァ:審査員0点+お茶の間1点(16%)=計1点

新着記事

桃太郎の幼少期は金太郎より小さかった!? 三太郎新CMは本物の豪雨で特訓 [00:00 10/1]
トム・ハンクス主演『ハドソン川の奇跡』事故の裏にあった"3つの偶然"とは? [21:01 9/30]
高橋みなみ、女性アイドル初の日めくりに「今の私の言葉がつまっています」 [20:56 9/30]
[小園凌央]母・松本伊代は「親としてはかなりレベル高い」 [20:50 9/30]
[川栄李奈]アジアンテーストなスリット入りワンピで背中もチラリ [20:30 9/30]
小林麻央、胃がんで亡くなった黒木奈々さんを「今も時々想う」 [20:26 9/30]
アンガ田中、"中日ドラゴンズかわいそう芸人"を熱望「今やってあげないと!」 [20:24 9/30]
[アメトーーク]週2回放送に宮迫は悲鳴 蛍原は野望「“帯”目指してます」 [20:22 9/30]
[小嶋陽菜]CMで愛されオーラあふれる大人ピンク姿 「普段あまり着ないんですけど…」 [20:00 9/30]
宮迫博之、激戦区参入に「やりがい」 -『アメトーーク!』週2化もMC満身創痍!? [19:36 9/30]
ブラマヨ吉田、長谷川豊アナを擁護「本気のジャーナリストを殺されたくない」 [19:35 9/30]
[西内まりや]新キューティーハニー 変身シーンで“ほぼ裸”「覚悟いりました」 [19:23 9/30]
[カノン]比嘉愛未、佐々木希、ミムラが3姉妹役で共演 親子の絆を硬軟織り交ぜ描く [18:43 9/30]
[フジテレビ亀山社長]古舘伊知郎の新番組 日曜2時間枠で「サラリーマン層取り込む」 [18:43 9/30]
[川合俊一]投資家目線で注目企業に潜入 知的バラエティーで司会 [18:25 9/30]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

桃太郎の幼少期は金太郎より小さかった!? 三太郎新CMは本物の豪雨で特訓
[00:00 10/1] エンタメ
『アニぱら音楽館』でスーパーヒロインSP! 田村直美と五條真由美が熱唱
[23:46 9/30] ホビー
「ドラえもん」×郵便局のオリジナルグッズ3種、切手や手紙のモチーフも
[23:35 9/30] ホビー
怪盗キッド特集が「名探偵コナン」アプリに!全8話公開、ライバル2人の壁紙も
[23:24 9/30] ホビー
楳図かずおを特集したムックが刊行、「14歳」「おろち」のTシャツも
[23:17 9/30] ホビー