シャープ、無線LANでデータ送信可能な4K3Kの高解像度ネットワークカメラ

 

シャープは3月4日、4K3Kの高解像度で全方位の映像監視を実現し、映像データを無線LANで送信できるネットワークカメラ「QG-B20C」を発表した。価格は43万5000円(税別)、4月の販売を予定している。

ネットワークカメラ「QG-B20C」

同ネットワークカメラは、独自開発の12メガピクセル1型CMOSイメージセンサの採用により、4K3K(4064×3048ピクセル/最大15fps)の高解像度撮影を業界で初めて実現したという。高精細な映像で全方位を監視することが可能。本体の大きさは、暫定値ではあるが220×220×99mm、2.5kg。

また、LAN配線工事が不要な無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠)に対応。高画質の映像データを手軽に送信できるため、これまで困難だった場所にも設置が可能なほか、防水・防塵、耐衝撃設計にも対応しており、屋外設置もできるという。

さらに、監視中の異常発生をカメラで検知し、録画の開始やアラーム通知などを行う画像解析機能を搭載。設置したエリアへの動体の侵入検知や、物体の置き去り・持ち去り検知に加え、人数のカウントや駐車場の空きスペース検知など独自の画像解析機能も搭載し、監視業務の効率化だけでなく、さまざまなサービスやソリューションを構築することを可能としている。

同社は、無線スマートネットワーク事業の新たなラインアップとして、無線バックホール方式の無線LANアクセスポイント「QX-C300シリーズ」と同ネットワークカメラによるソリューションを提案していく考えだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『妖怪ウォッチ』スマホに本格参戦、斎藤工はアニメ×実写映画に衝撃 -レベルファイブ新作発表会
[07:35 7/28] ホビー
[吉川晃司]水球日本男子代表の応援ソング制作 選手たちに熱いエール込める
[07:00 7/28] エンタメ
安倍なつみ、山崎育三郎との第1子出産「感動し涙し感謝しました」
[07:00 7/28] エンタメ
東芝、64層積層プロセスによる3D NAND「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始
[07:00 7/28] テクノロジー
オプテックス、法人車両向け安全運転データサービスを開始
[07:00 7/28] テクノロジー