イチロー、OP戦で3打数1安打 新加入のチェンは2回無失点

 

現地5日のオープンで今季初安打を放ったマーリンズのイチロー

◆ カージナルスの呉昇桓も救援登板

 マーリンズのイチローが5日(日本時間6日)、カージナルスとのオープン戦に先発出場し、対外試合初安打をマークした。

 イチローは「1番・中堅」で出場し、第2打席で左安をマーク。この試合は3打数1安打の成績で、6回の守備からベンチに退いた。

 マーリンズはこの試合、元中日のチェン・ウェインが先発登板。FA加入の左腕は初回、一死一、二塁のピンチを招くも、後続を落ち着いて退け無失点。2回も二死二塁からライト前へのヒットを許したが、右翼手・スタントンの好返球で二塁走者を走塁死に仕留め、この回も無失点で乗り切った。

 チェンは予定していた2イニングを3安打、無四球、無失点の内容。降板後は「上手くコントロールできたと思うし、完璧に捉えられた打球もあまりなかった」と手応えを口にした。

 昨季まで阪神に在籍していた呉昇桓は、カージナルスの2番手として登板。期待されたイチローとの対戦はなかったが、仲間のピンチを救う好救援を見せ、1回1/3を無安打無失点に抑えた。

 試合は3-2でカージナルスが勝利した。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー