プレミア12の悪夢を吹き払え! 侍ジャパン1年前の強化試合はどんなメンバー構成だった?

 


      週刊野球太郎
    


 プレミア12の悪夢から4ヶ月弱が経った。小久保裕紀監督率いる侍ジャパンは、3月5・6日のチャイニーズ・タイペイ戦から再始動。5日がナゴヤドーム、6日が京セラドーム大阪で行われる強化試合は、両日とも完売が見込まれている。どうやら注目度は高いようで、一安心だ。

 さて、昨季も侍たちはこの時期に強化試合を行っている。対戦相手はオランダ、イタリアなど、ヨーロッパの野球が盛んな地域を中心に構成された欧州代表。試合は2015年3月10・11日の2日間にわたり東京ドームで開催され、ともに1勝ずつを挙げる結果に終わった。

◎前年オフの日米野球メンバーをベースにした構成。松井裕樹の選出も話題に

 当時の侍ジャパンメンバーは以下の通り。26名の選手が名を連ねた。

投手10名:
牧田和久(西武)、井納翔一(DeNA)、澤村拓一(巨人)、松葉貴大(オリックス)、又吉克樹(中日)、西野勇士(ロッテ)、大瀬良大地(広島)、武田翔太(ソフトバンク)、藤浪晋太郎(阪神)、松井裕樹(楽天)

捕手4名:
嶋基宏(楽天)、會澤翼(広島)、伊藤光(オリックス)、小林誠司(巨人)

内野手7名:

松田宣浩(ソフトバンク)、銀次(楽天)、坂本勇人(巨人)、中田翔(日本ハム)、菊池涼介(広島)、今宮健太(ソフトバンク)、山田哲人(ヤクルト)

外野手5名:
雄平(ヤクルト)、大島洋平(中日)、柳田悠岐(ソフトバンク)、丸佳浩(広島)、筒香嘉智(DeNA)

 基本的には2014年オフの日米野球メンバーを中心に選出しており、そこに同年のシーズンで活躍した選手などを加えた形だ。

 将来を見据え、松井裕が19歳でメンバー入りしたのも話題となった。


◎武田翔太と今宮健太は小久保監督の「秘蔵っ子」?

 プレミア12そして今回の強化試合でも選出されたのは8名(武田、嶋、松田、坂本、中田、今宮、山田、筒香)。武田は投手陣で唯一の3大会連続選出で、開幕前・閉幕後のデリケートな時期にも関わらず侍入りしているのは特筆すべき事項だ。

 また、嶋・今宮・中田の3名は小久保体制の初陣だった2013年秋のチャイニーズ・タイペイ戦から今回の強化試合まで“皆勤賞”となっている。扇の要・嶋と主軸を張る中田の2名は順当な印象だが、今宮も貴重なスーパーサブとして常に名を連ねてきた。

 武田と今宮の共通点は、ともに小久保監督の古巣・ソフトバンクの若き主力であること。力量を把握しており扱いやすい、言わば「秘蔵っ子」のような感じか。

 今回も上記の皆勤組から秋吉亮(ヤクルト)、森唯斗(ソフトバンク)、戸根千明(巨人)、清田育宏(ロッテ)の初選出組まで、様々なタイプのプレーヤーが侍のユニフォームを身に着ける。

 それぞれが誇りを胸に戦ってくれることを期待して、強化試合を見守りたい。

文=加賀一輝(かが・いっき)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】~たまごがあれば、幸せだ~卵に関するあらゆる情報をまとめた特設サイト
[17:40 6/30] ヘルスケア
ロジテック、SeeQVault対応USB 3.0接続の外付けHDDに3TBモデルを追加
[17:37 6/30] 家電
【特別企画】夏バテ対策には卵が最適!?暑さに負けるな時短卵料理レシピ2選
[17:34 6/30] ヘルスケア
【連載】夫婦のLINE 第90回 目的を見失うと手段の最適化に失敗する
[17:30 6/30] ライフスタイル
なんとベビーベッドも! ママ向けふるさと納税・お礼の品5選
[17:27 6/30] ライフスタイル