剛力彩芽、母の先見に感謝 - 甘やかされたら「ポジティブに育たなかった」

 

女優の剛力彩芽が5日、神奈川県内のスタジオで、4月7日にスタートする読売テレビ・日本テレビ系主演ドラマ『ドクターカー』(毎週木曜23:59~24:54)の囲み会見に応じ、自身を育てた母親の先見の明に感謝を語った。

新ドラマ『ドクターカー』に主演する剛力彩芽

同作は、医師が同乗して現場に赴き、救命処置を行う「ドクターカー」が題材のヒューマン医療群像劇。剛力ふんする一花は、救命医療の理想に燃える新人ドクターで、5歳の息子・一太郎(横山歩)のシングルマザーという役どころだ。剛力にとっては、これが初の医師役、初の母親役となる。

クランクインして約2週間の剛力は「医師も母もどちらも難しい役。母親役としては、息子との5年分の絆を深めてお芝居に臨まなければならない」と困難さについて語り、「ですが(横山は)、現場で常に私をママと呼んでくれる。現場ではあっち向いてほいをしたり、耳もとでナイショ話をしてくれたりして、かわいいんです」と子役とのやり取りをふり返り、目尻を下げた。

また、自身の小学生の頃の母親とのエピソードについても披露し、「私は小さい頃からママっ子でした。ですが、友達との関係の間に悩みがあったとき、母は『彩芽は強いから大丈夫』と取り合ってくれず、ショックを受けました」と回顧。

しかし、大人になって母の言葉の真意が分かったそう。「確かに私は母に似て、1人でも大丈夫な子でした。いま思えば、私は友人関係ではなく『姉には親身になってくれるのに…』ということに悩んでいただけで。もしあのとき甘やかされていたら、私はいまのように強く、ポジティブに育たなかったかもしれない」と、母の先見の明に感謝した。

今回、一花と対立する朝城勇介を演じる中村について質問が及ぶと、剛力は「あんなに怖い俊介さんは見たことがない(笑)」と告白。1話で何度か勇介に突き飛ばされるシーンがあり、そのたびに「大丈夫?」と手を差し伸べてくれるそうで、「普段が優しい分、そのギャップで、一花を見下すお芝居により迫力を感じるのかも」と分析した。

『ドクターカー』は総合病院の医療チームが奮闘する姿を描く作品。剛力は「実際に存在するドクターカーを広く知ってもらいたい。一花にとって職場は敵だらけですが、全員が患者の命を救いたい思いは同じ。逆境に負けず突き進んでいく一花を応援してください」とアピールした。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯

本音ランキング