芳根京子、毎週涙で見ていた『いつ恋』出演に大喜び「夢のようでした」

 

女優の芳根京子が、フジテレビ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(毎週月曜21:00~21:54)にゲスト出演することが6日、明らかになった。14・21日に放送される第9話・最終話に登場する。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演する有村架純(左)と芳根京子

『いつ恋』と呼ばれる同作は、地方から東京に出てきた若者たちが、夢に向かって必死に生きていく姿を描くストーリーで、芳根が演じるのは、奈良から東京に出てきたばかりの明日香。到着したばかりの東京の雑踏で戸惑う様子の明日香を、主演の有村架純演じる音が、かつての自分と重ねあわせて声をかけるが、これをきっかけに思いもかけない展開が待っている。

撮影は、2月17日に気温1度という寒さの中で実施。芳根は、出演が決まる前から、毎週涙しながら見ているほど同作のファンだそうで「まさか自分が『いつ恋』の世界に入れるとは夢のようでした」と喜びを語る。奈良の方言にも初めて挑戦しており、「とにかく一生懸命な明日香を、私も一生懸命演じさせていただきました」と役への意気込みを示した。

有村は、初共演の芳根について「笑顔がかわいくて内に秘めたパワーがすてきな女優さんだなと感じました」と印象。「撮影が1日だけだったのが残念に思います。人としても女優さんとしてもまたお会いしたいし、またお仕事でご一緒できたらいいなと、心から思っています」と再共演を熱望していた。

フジテレビの村瀬健プロデューサーは、芳根の起用理由について「音に通じる"強さとかれんさ"、"明るさとけなげさ"という両極端な二面を両方感じさせ、しかもあの年齢にもかかわらず既に主演やヒロインを張ってきている経験値、そして折り紙付きの演技力」と説明。「有村架純さんとの相性もバッチリで『いつ恋』ワールドに新しい風を吹き込んでくれています」と自信を語っている。

さらに、東京でとまどう明日香が出会う少年・内藤三希也役で、若手俳優の葉山奨之が出演する。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

高畑裕太容疑者の知人「みんな注意していた」- 小倉智昭、前日証言を明かす
[13:34 8/24] エンタメ
坂上忍、高畑裕太容疑者の行為「卑劣としか言いようがない」
[13:32 8/24] エンタメ
トレンドマイクロがセキュリティ動向を分析 - ランサムウェア感染が7倍に
[13:24 8/24] 企業IT
[山本耕史]「お子さん順調?」の声かけに笑顔でうなずく
[13:23 8/24] エンタメ
PowerShellをLinuxとMacにインストールする方法
[13:19 8/24] 企業IT

本音ランキング