ドジャース前田健太、初OP戦で好投 2回1安打2K無失点

 

現地5日のダイヤモンドバックス戦に先発登板し、2回無失点と好投したドジャースの前田健太

◆ 打者6人に対し、初球すべてストライク

 ドジャースの前田健太投手が5日(日本時間6日)、ダイヤモンドバックスとのオープン戦に先発登板し、2回を1安打2奪三振無失点と好投した。

 前田は初回、1番アーメッドの初球にキレのある直球を投げ込むと、1ボール2ストライクと追い込んだあと、外角へカットボールを投げ込み右飛に打ち取った。続く2番ラムに対しても、ストライク先行で2ボール2ストライク。5球目のスライダーは高めに浮いたが、打者が手を出し初三振を奪った。

 3番ゴスリンには内角のツーシームを上手く打たれ三塁線への二塁打を許したが、続くぺラルタの初球、三盗を試みたゴスリンを捕手・グランダルの好送球で盗塁死に。初回は二死から得点圏に走者を背負ったが、女房役のアシストもあり無失点で切り抜けた。

 2回もマウンドに上がった前田は、打ち直しとなった先頭のぺラルタを一ゴロ。ベースカバーの動きも軽快で、フィールディングの良さもアピールした。5番ウィークスも三ゴロに打ち取り2アウト。最後は6番デュルーリーを外角低めの見事なスライダーで見逃し三振に仕留め、予定の2イニングを投げ終えた。

 前田は初のオープン戦登板で2回28球を投げ、1安打2奪三振無失点の好投。打者6人に対し、初球はすべてストライク。前評判通りの制球力を発揮し、降板時はドジャースファンから喝采を浴びた。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電