川崎FW森本、同点弾は約11年ぶりのJ1ゴール「決められて良かった」

 

J1で約11年ぶりとなるゴールを決めた森本 [写真]=清原茂樹

 実に10年と135日ぶりのゴールだった。FW森本貴幸(川崎フロンターレ)はヘディングシュートでネットを揺らすと、両手の握りこぶしを高く掲げた。

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第2節が5日に行われ、川崎は湘南ベルマーレと対戦。森本は後半開始からピッチに立つと、果敢にゴールに迫る。54分には、左サイドの深い位置からDF車屋紳太郎が放ったクロスにダイビングヘッドで合わせたが、枠に飛ばすことができない。

 それでも「チャンスはあると思った」と、後半アディショナルタイムに値千金の同点弾を叩き込む。左サイドから車屋がファーサイドへとクロスを送る。FW小林悠がヘディングで折り返したところを、走り込んだ森本が頭で押し込んだ。「やっぱりチャンスがすごく多いチーム。悠くんが絶対に折り返してくれると思って走ったら(ボールが)いいところに来たので、決められて良かったです」。いつも通り、淡々とした口調で話す森本だったが、約11年ぶりのゴールにほっと胸をなで下ろした様子だった。

 今季、ジェフユナイテッド千葉から川崎に移籍した森本は川崎市出身。「サポーターがすごく多いですし、熱狂的。自分としては、小さい時から親しみのあるスタジアムなので、ここでフロンターレの1ゴール目を決められたことは、個人的に嬉しかった」と川崎のユニフォームに袖を通して、等々力陸上競技場でプレーした率直な感想を語った。

 2005年10月22日のFC東京戦以降、J1でのゴールが途絶えていた森本にとって、このゴールの価値は大きい。「もっともっとコンディションは上がってくると思うので、しっかりとトレーニングをして準備をするだけ」。かつて「怪物」と呼ばれた男が、新天地・川崎で新たなスタートを切った。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電