引退試合の中日・山本昌「またユニフォームを着て戻ってきたい」

 

昨シーズン限りで32年間の現役生活に別れを告げた山本昌氏

◆ 元同僚・ヤクルト森岡から空振り三振

 昨季限りで現役を退いた元中日の山本昌氏が5日、慣れ親しんだナゴヤドームで引退登板を行った。

 この日のために球団と1日契約を結び、先発登板した山本氏。現役時代同様のダイナミックなフォームでヤクルトの1番森岡と対戦し、最後は伝家の宝刀・スクリューで空振り三振を奪った。

 レジェンド左腕はここで2番手・山井とスイッチ。降板時は谷繁監督ら、チームメイトと握手。ヤクルトの真中監督からは花束が贈られた。

 大役を終えた山本氏は「ストライクが入ってホッとした。スピードガンを見たら114キロも出ていたので、もう少しできるかと思いました」と、笑顔で最後のマウンドを振り返った。

 試合後には本拠地ファンに改めて引退の挨拶。レジェンドは「苦しいときに誰かが手を差し伸べてくれた。本当に幸せな野球人生だったと思います。また野球を勉強して、ユニフォームを着て戻ってきたい。本当に32年間ありがとうございました」などと語り、ファンの声援に感謝した。

 通算219勝左腕は昨季、50歳まであと2日だった8月9日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に先発するも、左手人さし指を負傷。懸命に練習を続けてきたが、32年間のプロ生活にピリオドを打つことを決意した。

 チームのシーズン最終戦となった10月7日の広島戦(マツダ)に打者一人限定で先発登板し、前人未到の「50歳登板」を達成。この日は改めて「引退試合」と銘打ち、支配下選手として1日限りの契約を結んでいた。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

V6、テレ朝フェスに初参加! 「今年唯一のライブ」熱烈オファーで実現
[04:00 8/27] エンタメ
[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー