『バケモノの子』最優秀アニメ賞! 細田守監督、子どもの未来に向け次作始動

 

細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』が4日、第39回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション賞に選ばれた。

スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサー 撮影:木場ヨシヒト

壇上のスピーチで「本当に僕たちは幸運だと思います」と切り出したのは、制作会社・スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサー。まずは、2012年の第36回で同賞を受賞した『おおかみこどもの雨と雪』について、「(細田)監督のお母さまが亡くなって、お母さまに対する贖罪とか親になることの願いを込めた作品」とし、『バケモノの子』は子どもを授かった細田監督の「未来を担っていく子どもたちを励ましたい」「大人たち、社会は何をしてあげられるのか」という思いが込められていると説明した。

また、「実は細田監督は、新しい作品を作りはじめています」と明かしつつ、「夏に大人と子どもが一緒に楽しめるアニメーション映画というのは、一人の監督、一つのスタジオが担っていくものではありません」とメッセージ。「多くの監督たち、多くのキャスト、スタッフたち、お客さまたちがアニメーション映画の歴史と未来を作っていくものだと思っています」と語り、「その歴史と未来に恥じないように細田監督はこれからも一本一本、子どもと大人が一緒に楽しめるアニメーション映画を作っていくと思います」と細田監督が思い描く未来を示した。

最優秀アニメーション賞は、優秀アニメーション賞を受賞した5作(『心が叫びたがってるんだ。』、『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』、『バケモノの子』、『ラブライブ! THE School Idol Movie』)の中から選ばれた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ときどき介護のち育児へ 第3回 要介護認定を申請するまでの過程
[10:43 9/28] ヘルスケア
ケイティ・ペリー、ヌード姿の過激な動画公開! 米大統領選への参加呼びかけ
[10:35 9/28] エンタメ
テーマは肉! 「肉屋台マルシェ」で現金つかみ取りやパイ投げ選手権も
[10:30 9/28] 趣味
夫婦のLINE 第283回 俺ディンキー派だから
[10:15 9/28] ライフスタイル
夫婦のLINE 第282回 あんまり好きじゃない
[10:14 9/28] ライフスタイル

本音ランキング