安藤サクラ、『百円の恋』で最優秀主演女優賞「心臓が出てきちゃいそう」

  [2016/03/05]

女優の安藤サクラが4日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われた第39回日本アカデミー賞の授賞式に出席し、『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞した。

女優の安藤サクラ 撮影:木場ヨシヒト

登壇した安藤は「えっ……驚いてます」と目を丸くし、その衝撃を「じわじわ心臓が出てきちゃいそうな感じ」と表現。同作の支持が口コミで広がったことに触れ、「本当に観てくださった方のおかげですし、こうやってエネルギーがつながっていってこんなところに来られる。そんな映画に出会えてとにかくうれしい」と喜びを伝えた。

自堕落な生活を送っていた32歳の主人公・一子(安藤)がボクシングに身を投じ、その魂と肉体が変化していく様を描く同作。700人以上の中から抜てきされた安藤は、中学時代にボクシングジムに通った経験はあったものの、約3カ月のトレーニングを経て、撮影に臨んだ。

最優秀主演女優賞は、優秀主演女優賞を受賞した5人(『海街diary』の綾瀬はるか、『映画 ビリギャル』の有村架純、『百円の恋』の安藤サクラ、『あん』の樹木希林、『母と暮せば』の吉永小百合)の中から選ばれた。

前列左から黒木華(最優秀助演女優賞)、是枝裕和監督(最優秀監督賞)、安藤サクラ(最優秀主演女優賞)、本木雅弘(最優秀助演男優賞)、後列左から新人俳優賞の篠原篤、有村架純、野田洋次郎、土屋太鳳、広瀬すず、山崎賢人、藤野涼子

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

人気ストリーマーotofu氏とコラボ! iiyama PC、LoL向けGTX 970搭載PC
[13:44 5/26] パソコン
C・ヘムズワース『スノーホワイト』続編の進化に自信「明るく笑えるものに」
[13:41 5/26] エンタメ
見守りロボット「BOCCO」、話しかけた声を文字にしてアプリへ送信可能に
[13:37 5/26] テクノロジー
【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 「検索演算子」を使ってみよう
[13:30 5/26] パソコン
NTTレゾナント、Q&Aプラットフォーム「QAコネクト」SDKを無償提供
[13:25 5/26] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR