西内まりや、『キューティーハニー』で映画初主演「良い意味で裏切りたい」

  [2016/03/05]

歌手で女優の西内まりやが、漫画家・永井豪氏の大ヒット作『キューティーハニー』を実写化する『CUTIE HONEY -TEARS-』(今秋公開)で映画初主演を果たすことが4日、発表された。西内は今回、初のアクションシーンにも挑戦する。

映画『CUTIE HONEY -TEARS-』で主演を務める西内まりや

原作は1973年から74年にかけて漫画誌『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載され、同時期にTVアニメ化もされた。2004年には、庵野秀明監督がメガホンを取って初の実写映画化。倖田來未が主題歌として、TVアニメ版のものをカバーしたことでも話題を呼んだ。

描かれたのは、主人公の女性型アンドロイド・如月ハニーと、その体内に内蔵された「空中元素固定装置」を狙う犯罪組織「パンサークロー」とのバトル。強くセクシーなハニーが変身するためのコール「ハニーフラッシュ」を叫ぶ姿は、アニメが何度も再放送されたこともあり世代を超えて広まった。

そんな人気シリーズの2度目の実写映画化となる本作で西内が演じるのも、キューティーハニー。本作では、世界各地で異常気象と未知のウィルスが流行し、人口が激減した近未来で、ある博士の希望から生まれた、人間の感情を持つアンドロイドになっている。

西内は今回の起用に感謝しながら、「皆さまが愛するハニー像を、今回の映画では良い意味で裏切りたいです。新しいハニーが生まれたと感じています」とアピール。CGメインで構築される世界観であることから、監督やプロデューサーと密に話し合いながら丁寧に演じることを心がけたと言い、回し蹴りなどを披露するアクションについては、「アザを作りながらも、撮影に挑み、迫力のある映像になっていると思います!」と明かす。

一方、原作の永井氏は、「今回、西内まりやさんという当代きっての美人女優を得て、新生ハニーの映画が製作され、最新の映像技術が、ハニーの活躍の場を"空想の未来"にしてくれた」と感激。さらに、「永遠の美少女にふさわしい舞台じゃないか!」と絶賛し、「原作者として、とてもうれしい。ハニーちゃんがどんな活躍をするのか、楽しみだ!」と大きな期待を寄せている。

(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR東日本485系「ニューなのはな」8月で引退 - 7月から引退記念臨時列車運行
[23:11 5/31] ホビー
ナインティナイン、今後の野望告白「テレビに出続けること」
[23:07 5/31] エンタメ
マネーツリー、MT LINKと自動車整備工場向けソフト「GATCH」との連携を発表
[23:04 5/31] 携帯
あさりよしとお描く実録ロケット開発「進め!なつのロケット団」1巻、特典も
[22:23 5/31] ホビー
シマンテック、「ノートン ファミリー」にiOS版を追加 - 6月上旬より提供
[22:16 5/31] 携帯

本音ランキング