残り2試合を全力で…熊谷紗希「最後まで自分たちにできることを」

 

フル出場の熊谷紗希が中国戦後にコメントした [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第3節が4日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)は中国女子代表に1-2で敗れた。3試合で1分け2敗、勝ち点1の5位に沈み、オリンピック出場は絶望的となった。

 試合後、DF熊谷紗希が記者団の取材に応じた。

 なでしこジャパンは残り2試合に連勝しても、中国が勝ち点1以上を積み上げた時点で敗退が決まる、厳しい状況に追い込まれた。熊谷は「最後まで諦めずにやりたい」と言葉を絞り出し、今大会以降の代表チームについて話を向けられ、以下のように話した。

「代表選手としてチームのために自分にできることをしっかりとやっていかなければいけない。各大会に向けたチームとしての準備や合宿でも『アジアは簡単に戦える舞台ではない』と全員が理解しないといけない。強くそう思う」

 そして、「これは自分たちが招いた結果。(オリンピック出場の)可能性は限りなく低いけど、最後まで自分たちにできることをやりたい」と、必死に前を向いていた。

 同予選は、2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。日本、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国にリオ五輪の出場権が与えられる。第3節終了時点で5位のなでしこジャパンは次節、7日にベトナムと対戦。中国は同日に韓国と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

木南晴夏、滝沢秀明演じる海里の妻役に -『せいせいするほど、愛してる』
[23:00 7/26] エンタメ
坂上忍、南キャン山里の酒癖の悪さ暴露「あれはヤバイ」「最低だよ!」
[22:54 7/26] エンタメ
[浪川大輔]リメーク版「ルーツ」吹き替えしみじみ 「行き当たりばったりの人生だったな」
[22:31 7/26] エンタメ
[ボイメン水野豊]夢は紅白&レコ大 結成6年目のメジャー契約で「恩返ししたい」
[22:31 7/26] エンタメ
ツチカ、error403らユースカ作家が、閉館する渋谷パルコの壁に落描き
[22:23 7/26] ホビー